公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
経営戦略研修
上級管理者研修
ビジネスリーダー育成研修
管理者マネジメント力強化研修
管理者基礎研修
ビジネス・アセスメント研修
係長・主任研修
若手社員研修
新入社員研修
ベーシックコース
セイルトレーニングコース

講師派遣研修のご案内
お見積・お問い合わせ
公開研修はこちら
公開研修はこちら
トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > 講師派遣(企業内研修) >
新人教育(受託型)|セイルトレーニングコース

新入社員研修|セイルトレーニングコース
  • 学生気分を払拭し、社会人としてのルールや礼儀・マナーを学び、社会人としての自覚を促す
  • 風・波・潮流など刻々と変化する環境でのリアルな業務(=練習帆船での船内活動)を通じて、組織における役割認識とチームワーク、主体的行動の重要性を体感的に理解する
  • 練習帆船における集団行動・共同生活を通じて、決断力や責任感、コミュニケーション能力などを養い、組織における仕事・協働の意味・目的の理解を促進する
公開型 新入社員研修については、こちらをご覧ください
(各種コースを豊富に取り揃えております)
■カリキュラムの概要

1. 学生から社会人へ/チームワークとコミュニケーション/効果的な仕事の進め方

仕事にどう取り組むべきか、組織における役割認識の重要性を考えます。また、日々の業務の効果的な進め方について、基本的な考え方を講義します。さらに、本研修で何を修得するのか、各個人で目標を設定します。


2. セイルトレーニングの実践

・班を編成し、さまざまな船内活動にチャレンジします。セイルハンドリングやギャレーワーク、ワッチなど、メンバーで力を合わせて取り組み、目標達成を目指します。

・慣れないメンバー同士での協働活動により、お互いの役割認識、相互信頼、チームワーク、コミュニケーションの重要性等を体感しながら理解を深めます。

・慣れない船内での活動や高所での作業等、未知の領域に対してどう向き合い、どう行動するのかを自ら決断して行動し、その結果に責任を持ちます。

対象 新卒新入社員

定員 25名まで

講師 グローバル人材推進機構「帆船みらいへ」講師、日本生産性本部講師

会場 「帆船みらいへ」航海航路 及び 周辺会議室(神奈川県横浜市発着、他応相談)

■特徴

1. 刻々と変化する自然環境下でのチーム活動体験

日常の生活環境とは違った海・帆船というリアルで制約のある環境を研修舞台とします。「みんなで船を進める」協働作業を通じて、迅速な状況判断力とチームの一員としての仕事の進め方を修得します。


2. チームで課題達成に挑み、メンバーとともに学ぶ

班を編成し、ワッチ(航海当直)を通じて、船上で「自ら考え、決断し、行動し、次を考える」ことを体験します。「船」というひとつの社会の構成員となりながら、個人プレーとチームプレーを実体験し、本当のチームワーク・コミュニケーション・仕事のサイクルを学びます。


3. 頭で考えるだけでなく、参加者自ら身体を使った学習

一人ひとりが為すべき事を考える自主性、逃げずに挑戦することの大切さ、責任感、他人への思いやりなどを頭での理解だけでなく、行動化・身体化を通じた納得によって、高い学習効果が得られます。

■標準的なタイムテーブル

10:00











午後
(10:00開始)

1.学生から社会人へ

2.チームワークとコミュニケーション

3.効果的な仕事の進め方

4.セイルトレーニングの準備
  (「帆船みらいへ」へ乗船)
  ・船内活動オリエンテーション
  ・帆走および航海の基礎理解



午前





午後

5.セイルトレーニングの実践@
  ・各種船内活動
  ・シェアリング(振り返り)



午前











16:00

6.セイルトレーニングの実践A
  ・各種船内活動
  ・シェアリング(振り返り)


7.まとめ
  ・仕事へのフィードバック(日常との接続)
  ・成果のまとめ方と気付きの整理


(16:00終了)

※上記内容は、新入社員研修|セイルトレーニングコースの標準的なカリキュラム例です。
新入社員研修セイルトレーニングコースご案内

■本カリキュラムに関するお問い合わせ

公益財団法人日本生産性本部
経営開発部 新入社員研修|セイルトレーニングコース担当
電話:03−3409−1118
FAX:03−5485−7750
 (営業時間:平日9:30〜17:30)

インターネットからのお問い合わせはこちらをご参照ください。
なお、回答に時間がかかる場合もございますので、お急ぎの場合はお手数ですが営業時間内にお電話でお願いします。


▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.