公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
女性リーダー育成研修
インバスケット・ケーススタディー
育児短時間勤務者に向けた両立支援研修
ダイバーシティ研修
メンタリング研修
セクハラ・パワハラ対策研修
仕事と介護の両立研修

講師派遣研修のご案内
お見積・お問い合わせ

公開研修はこちら
トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > 講師派遣(企業内研修) >
育児短時間勤務者に向けた両立支援研修

育児短時間勤務者に向けた両立支援研修
公開型 ダイバーシティ研修については、こちらをご覧ください
■プログラムの概要

  • 育児短時間勤務中や、その後のキャリアについての考え方を整理することができます。
  • 周り(職場、家庭)とのコミュニケーション方法を学ぶことができます。
  • 両立支援に役立つ情報を得ることができます。
育児短時間勤務者、今後育休取得、復帰予定の方(男女問わず)

■標準的なタイムテーブル

3時間 1.育休後の仕事について
なぜほとんどの人が時短を使うのか
短時間勤務制度利用者に求められることとは
育休後職場復帰面談
・自分から情報提供すべきこと
・上司から聞くべきこと
・両者で話し合うこと
仕事と育児の両立の考え方について
・出産前のようにできなくてもいい
・キャリアをあせらなくていい→低空飛行でも飛び続ける

2.育休後の育児・家事と夫婦のパートナーシップについて
夫婦の仕事と育児・家事のバランス
夕食作りの負担軽減のコツ
父親の意識の変化
父親の育児休業について
夫婦のパートナーシップ
便利なサービス

3.キャリアの考え方
育休による心情の変化(事例)
キャリアは「筏下り」を経て「山登り」に至る

4.まとめ

※上記内容は、社内研修の標準的なプログラム例です。

■本プログラムに関するお問い合わせ

公益財団法人日本生産性本部
ダイバーシティ推進センター
電話:03−3409−1122
FAX:03−3409−1007
E-Mail:dmc@jpc-net.jp

インターネットからのお問い合わせはこちらをご参照ください。


▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.