公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
ディベートを活用した対話術研修
ロジカルシンキング研修
問題解決とロジカルシンキングの基本
ロジカルライティング研修
英文ロジカルライティング研修
プレゼンテーション基礎研修
ロジカルスピーキング研修

講師派遣研修のご案内
お見積・お問い合わせ

公開研修はこちら
トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > 講師派遣(企業内研修) >
ロジカルスピーキング研修

ロジカルスピーキング研修
ロジカルスピーキング研修は、報告・連絡・相談など日常の様々な業務を行う上で求められる、相手に分かりやすく話すためのスキルの向上を目的としています。研修では、スピーチ演習を繰り返すことで、その場で素早く思考する力や、瞬時に論理的な構成を組み立てて話すための技術の習得を目指します。
公開型 ロジカルシンキング研修については、こちらをご覧ください
■研修のステップ

1.論理的な構成の基本

論理的に応答するために、論理的な思考の基本的な構造を理解する必要があります。日常の自身の思考のクセを見直し、論理的に考える演習を実施します。思考したものを相手に分かりやすく伝えるための構成を学びます。
2.スピーチの配置

報告、提案、問題解決などテーマによって最適な配置があります。各自のスピーチをテーマに沿って配置します。練習を繰り返し、より相手に伝えることのできるシナリオにしていきます。
3.スピーチの実践

作成した原稿をもとにスピーチを実施します。他メンバーからのフィードバックを今後の参考にします。また代表者はビデオ撮影を行い、講師から構成の基本ができているかどうかフィードバックします。
■研修効果

1.シナリオ構成

論理的な話の組み立て方を習得します。
2.即応できる話法

テーマに沿った配置を学習することで、即応的な話法を習得します。
■標準的なタイムテーブル

9:00 はじめに
  【演習】他己紹介

1.ロジカルシンキングの基本
  (1)ロジックの基本構造と論理構造のチェック
  (2)演習:ロジック分析(主張と根拠)
  (3)演習:文章の構造分析

2.ロジカルに伝える構成の基本
  (1)メンタルモデルを維持する
  (2)ロードマップ、ナンバリング゙、ラベリングを活用する
  (3)AREAを意識する
  (4)情報の取捨選択を行う
  (5)演習:文章のリライト
12:00 昼食
13:00




3.スピーチの実践
  (1)報知・報告のスピーチ
  (2)提案・説得のスピーチ
  (3)問題解決のスピーチ
  (4)リンクマップの活用
  (5)演習:スピーチ準備
  (6)演習:スピーチ(2回実施)
     ※ビデオ撮影による講師フィードバック
     ※ビデオ撮影は代表者3〜4名

(18:00終了)

※上記内容は、社内研修の標準的なプログラム例です。

■本プログラムに関するお問い合わせ

公益財団法人日本生産性本部
経営開発部
電話:03−3409−1118
FAX:03−5485−7750

インターネットからのお問い合わせはこちらをご参照ください。


▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.