公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
メンタルケア基礎研修
人材育成型マネジメント研修
目標による管理導入研修
カウンセリングマネジメント研修
メンタルケアマネジメント実践研修
目標による管理実践研修
人事考課と育成面接研修
コーチング・OJT研修
ファシリテーション研修
アサーティブ行動研修

講師派遣研修のご案内
お見積・お問い合わせ

公開研修はこちら

IPC生産性国際交流センター

全国研修施設便覧

健康いきいき職場づくりフォーラム

トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > 講師派遣( [日本生産性本部] 企業内研修) > 目標による管理導入研修

目標による管理導入研修
「目標による管理」とは、社員一人一人が仕事の主人公としてP-D-C-Aのマネジメントサイクルを自ら回し、目標の達成と自己成長を図ることを支援するマネジメントシステムです。従って、管理者のみならず一般社員も、「目標の管理」「ノルマ管理」といった誤解に振り回されず、「目標による管理」制度を正しく理解し、対応のスキルを身に付けていかなければなりません。

本研修では、「管理者研修」の成果をより確実にし、「目標による管理」を効果的に運用・定着させていくためのポイントについて一般社員の側からアプローチします。
■演習の主な内容

1.自社実際目標の修正、検証(個人⇒グループ)
2.自己目標の作成(個人⇒グループ)
3.面接課題の作成
4.目標シートの作成
5.自己評価のポイントの検証
■研修効果

1.「目標による管理」制度の正しい考え方の理解を深める
2.「目標の管理」「ノルマの管理」との違いを理解し、制度への参加を通じて自らの成長を図る意欲を持つ
3.目標設定のポイント、面接を受けるにあたっての心構え、自己評価の進め方などの必要なスキルを習得する
4.目標シートの活用による業務への積極的な参画を促す
■標準的なタイムテーブル

9:00 (9:00開始)

1.人事処遇制度の改定について(人事スタッフ)
2.わが社の新人事・処遇制度の基本的考え方
  ・目標による管理の考え方
  ・日本型人事制度の変遷とわが社の制度の位置づけ
  ・能力主義(能力開発主義)の考え方

12:00 昼休
13:00 3.目標設定と面接の考え方・原則
  ・目標設定の原則
  ・面接について
  ・面接に望む心構え

4.目標設定の実践練習
  ・一般的な事例を検証する
  ・自己目標の策定と検証
  【演習】

5.まとめ

(16:00終了)

※上記内容は、社内研修の標準的なプログラム例です。

■本プログラムに関するお問い合わせ

公益財団法人日本生産性本部
カウンセリング・マネジメントセンター
電話:03−3409−2665
FAX:03−3797−7214

インターネットからのお問い合わせはこちらからお願いします。貴社の制度にあわせたアレンジ・カスタマイズのご希望があればご相談に応じることが可能です。


▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.