公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
メンタルケア基礎研修
人材育成型マネジメント研修
目標による管理導入研修
カウンセリングマネジメント研修
メンタルケアマネジメント実践研修
目標による管理実践研修
人事考課と育成面接研修
コーチング・OJT研修
ファシリテーション研修
アサーティブ行動研修

講師派遣研修のご案内
お見積・お問い合わせ

公開研修はこちら

IPC生産性国際交流センター

全国研修施設便覧

健康いきいき職場づくりフォーラム

トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > 講師派遣( [日本生産性本部] 企業内研修) >: カウンセリングマネジメント研修

カウンセリングマネジメント研修
カウンセリングとは「言語的・非言語的コミュニケーションを通じて、人間の行動の変容を図る人間関係である」と定義されています(國分康孝 本センター指導顧問)。カウンセリング・マネジメントとは、行動科学的なアプローチに加えて、カウンセリング心理学の持つ、考え方、技法、態度をマネジメントに応用し、部下の自発性、自主性を高めることで、育成や職場の活性化を図っていこうとするものです。本研修は、受講者の「コンセンサス討議」を踏まえて、いわゆる「マネジメントの常識」が理にかなっているか、行動科学、カウンセリング心理学に照らして検証しながら、ヒューマンマネジメントの原則を学び、ビデオケーススタディの討議・ロールプレイ実習でスキルの修得を図ります。
■演習の主な内容

1.マネジメントコンセンサス討議と原則の解説

■ 討議テーマ例「部下にやる気がないのは上司の責任である」 他
2.自己分析

■ エゴグラム分析、職場分析
3.ケーススタディビデオによる課題解決とロールプレイ実習

■ ビデオ教材「目標管理のための部下支援」(全4巻)
■ テーマ例「依頼拒否」「出来ない理由」「年上の部下」
■研修効果

1.部下とのコミュニケーション能力の向上を通じて、部下支援・育成力の向上を図る
2.ヒューマンマネジメントの原則の理解を深める
3.特に動機付け(部下支援)理論の体系的理解を深める
4.相互理解マネジメント、動機付けのマネジメント、対決・改善のマネジメント、について理解を深め、スキルを修得する
5.ケーススタディによって実践力の向上を図る
■標準的なタイムテーブル

9:00 (9:00開始)

1.リレーションづくり
  ・体験からのアプローチ〜育成とは何か〜

2.部下が活き活きと働く条件
  ・行動科学からのアプローチ
  ・カウンセリング心理学からのアプローチ
  ・目標による管理からのアプローチ
  ・相手を受け入れる条件

12:00 昼休
13:00 3.育成の原理とコミュニケーション
  ・コミュニケーションの効果
  ・コミュニケーションの3つのパワー
  ・人が変わろうとする時(行動変容の条件)
  【演習】コミュニケーションスタイルの点検

4.カウンセリング・マネジメントのスキル
  ・相互理解のマネジメント
  ・動機づけのマネジメント
  ・対決・改善のマネジメント


9:00 5.ケーススタディ「困った部下への対応策」
  【演習】依頼拒否
  【演習】出来ない理由
  【演習】年上の部下
  【演習】困った部下への対応策の検討
  【演習】発表
  【演習】コメント

12:00 昼休
13:00 6.ロールプレイング
  【演習】育成プランの作成(個人研究)
  【演習】育成プランの検討(グループワーク)
  【演習】ロールプレイング「育成のための支援」
  【演習】行動指針の作成と発表

7.まとめ

(16:00終了)


※上記内容は、社内研修の標準的なプログラム例です。

■本プログラムに関するお問い合わせ

公益財団法人日本生産性本部
カウンセリング・マネジメントセンター
電話:03−3409−2665
FAX:03−3797−7214

インターネットからのお問い合わせはこちらからお願いします。貴社の状況に合わせたアレンジ・カスタマイズのご要望があればご相談ください。


▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.