公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
メンタルケア基礎研修
人材育成型マネジメント研修
目標による管理導入研修
カウンセリングマネジメント研修
メンタルケアマネジメント実践研修
目標による管理実践研修
人事考課と育成面接研修
コーチング・OJT研修
ファシリテーション研修
アサーティブ行動研修

講師派遣研修のご案内
お見積・お問い合わせ

公開研修はこちら

IPC生産性国際交流センター

全国研修施設便覧

健康いきいき職場づくりフォーラム

トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > 講師派遣( [JPC日本生産性本部] 企業内研修)>: メンタルケアマネジメント実践研修

メンタルケアマネジメント実践研修
職場のメンタルケアとは「一人一人活力を持って明るく仕事に取り組めるよう、職場の仲間がお互いにコミュニケーションを深め、サポートし合うこと」と言えます。厚生労働省も指摘しているように、特に、第一次ケアとしての管理者の役割は極めて大きいと言えます。本研修では、予防=育成に焦点をあわせ、(1)ストレッサーへの対応(2)トレランス(ストレスに耐え、処理する能力)を高めるの2つの側面から管理者のコミュニケーション能力の向上、ストレスコーピングの修得のマネジメントを研修します。
■演習の主な内容

1.カウンセリングマインド度チェック
2.ストレッサーからみるストレス度チェック
3.身体の状態とストレス度チェック
4.イラショナルビリーフテスト
■研修効果

1.職場のメンタルケアにおける管理者の4つの役割への理解を深める

■ メンタルヘルスに対する正しい知識の修得
■ 予防=育成のマネジメントスキルの修得・活用
■ 早期発見の視点を持つ
■ 正しい初期対応、復帰対応の理解と実践
2.コミュニケーション能力の向上により部下のメンタルヘルス向上を図る
3.ストレスコーピング(対処能力)を高める
4.部下や自分のメンタルケアのために、支援しあえる仲間が必要であることを知る
■標準的なタイムテーブル

9:00 (9:00開始)

1.職場の問題行動とストレス
  ・ストレスと問題行動の関係
  ・不適応とは
  ・ストレスの構造
  ・部下のSOS
  【演習】ストレス度チェック

2.部下が活き活きと働く条件
  ・行動科学からのアプローチ
  ・メンタルケアと管理者の役割
  【演習】カウンセリングマインド度チェック

12:00 昼休
13:00 3.予防と4つのマネジメント
  ・挨拶、語りかけ、自己開示
  ・傾聴5つの技法
  ・強化法
  ・部下への支援
  【演習】傾聴演習、強化演習、支持演習

(17:00終了)


9:00 4.勝手な思い込みを修正してみる
  ・ABC理論とは
  ・イラッショナルビリーフ(勝手な思い込み)とは
  ・イラッショナルビリーフの発見
  ・イラッショナルビリーフの克服
  【演習】イラッショナルビリーフテスト(IBT)
  【演習】ビデオ学習

12:00 昼休
13:00 5.自己主張能力を開発する(1)
  ・受身的行動とは
  ・攻撃的行動とは
  ・アサーティブな行動とは
  ・受身的行動4つのパターン

6.自己主張能力を開発する(2)
  ・IメッセージとYouメッセージ
  ・4つのIメッセージ
  【演習】Iメッセージ

7.ヒューマンネットワーク(サポートグループ)を創る
  ・人間関係を潤す原理
  ・ヒューマンネットワーク3つの鍵

(16:00終了)


※上記内容は、社内研修の標準的なプログラム例です。

1名から参加できる公開研修「職場のメンタルケア・マネジメント実践コース 」(1日)はこちら

■本プログラムに関するお問い合わせ

公益財団法人日本生産性本部
カウンセリング・マネジメントセンター
電話:03−3409−1118
FAX:03−5485−7750

インターネットからのお問い合わせはこちらをご参照ください。


▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.