公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
気づきによる生産革新研修
生産革新コンサルティング
生産革新実践プログラム〜基本編〜
生産革新実践プログラム〜作業改善編〜
生産革新実践プログラム〜流れ化編1〜
生産革新実践プログラム〜流れ化編2〜
生産革新実践プログラム〜設備改善編〜
生産革新実践プログラム〜変量対応編〜
生産革新実践プログラム〜生産情報システム構築編〜

講師派遣研修のご案内
お見積・お問い合わせ

公開研修はこちら
トップページ > コンサルティングトップ > 企業内研修(講師派遣) >
生産革新実践プログラム〜変量対応編〜

生産革新実践プログラム〜変量対応編〜
■対象

工場長、生産革新推進管理者、現場リーダー

■ねらい

変量対応編には3つのプログラムをご用意しております。ご希望に応じてご活用下さい。

(1)変量対応のための配置人員管理方法改善プログラム

 出荷数量が変動することで生産数量が増減し、特に生産数量が減ったときには、固定費である人件費・労務費が問題となります。仕事量の少ない日でも、人の時間をムダにせず、それを有効活用できるようにするための視点と方法を習得いただきます。

(2)多品種少量・変量対応のための設備改善プログラム

 大量生産時代と同じ考え方で設備を導入してしまうと、多品種少量・変量対応しようと改善を進めても、そのような設備が問題となり、それ以上の改善が難しい状況に陥ることがしばしばあります。このような環境下において、どのような設備を導入すれば良いか、その視点と方法について演習や実習を通して習得いただきます。

(3)多能工化・短期育成のための教育訓練方法改善プログラム

 多能工化の必要性は多くの会社で認めてはいるものの、それを具体的かつ計画的に進めている会社は少ないのが実情です。また単に体験させて仕事を覚えさせるだけでなく、効果的・効率的な教育訓練をほどこすことにより、習熟期間を短縮することが求められています。多能工化の計画作りとともに、そのような教育訓練方法を、現場の実態を加味しながら構築する方法を習得いただきます。

■モデルプログラム

事前打ち合わせ
  • 生産現場視察
  • 生産に関する経営課題の確認

基礎会合(半日:プログラム推進メンバーに対する講義)
  • 変量対応についての理解・認識
  • 企業における生産現場の課題確認
  • 各プログラム推進のためのポイント

現場指導・実習
  • 現場改善実習による具体的方法の体得
  • 実施―評価による改善マインドの育成
  • その他各企業の状況に応じた対策とその検討、実践

※2−3日のプログラムからございます。詳細のプログラムは事前打ち合わせなどの時に、貴社オリジナルプログラムをご提示させていただきます。

■本プログラムに関するお問い合わせ

公益財団法人日本生産性本部
経営開発部
電話:03−3409−1118
FAX:03−5485−7750

インターネットからのお問い合わせはこちらをご参照ください。


▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.