公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
グローバルタスクソリューショントップ

研修概要
研修の流れ
事前・事後のセルフアセスメント

ご登録・ご参加手続き
募集中のタスク
※現在募集中のタスクはありません。
パンフレット・ダウンロード
お問い合わせ

トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > グローバルタスクソリューション > 事前・事後のセルフアセスメント

本研修の事前・事後で受診するセルフアセスメント

 本研修は、国内研修と現地調査を合わせて、2〜3ヶ月の期間をかけて実施します。より効果的な成果を上げるためには、自分自身の行動特性をよく知ることが重要です。
 そこで、本研修では、研修の事前・事後に1回ずつ(計2回)自分自身の行動特性に関するセルフアセスメントを受診します。それぞれの受診結果を基に自身の行動を振り返ることで、自身の強みと課題を明確化します。
 また下記「ご登録特典」をご活用いただき、貴社のグローバル人材ロールモデルの方にも受診していただくことで、本研修参加者の受診結果と比較でき、あるべき姿とのギャップを見える化できます。
 ※グローバル人材ロールモデル: 貴社における‘グローバル人材’とされる方
 
@事前受診(1回目)
  国内研修の開始前に受診します。受診結果を基に特に強みと弱みに着目し、自身の普段の行動を振り返りながら、武器として使える特性、および改善すべき特性を明確化した上で研修に臨みます。
 
A事後受診(2回目)
  全ての研修の終了後に再受診します。事前受診の結果と事後受診の結果を比較し、何が要因で改善したのか、あるいは改善しなかったのか、自身の研修中の行動を振り返りながら分析することで、今後の業務に活かす方策を考えます。

(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.
ご登録のご案内はこちらへ