公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
グローバルタスクソリューショントップ

研修概要
研修の流れ
事前・事後のセルフアセスメント

ご登録・ご参加手続き
募集中のタスク
※現在募集中のタスクはありません。
パンフレット・ダウンロード
お問い合わせ

トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > グローバルタスクソリューション > 研修概要

研修概要

■本研修の概要

 本研修の「タスク」とは、海外ローカル企業が現実に直面する経営課題のうち、本研修の参加者が解決すべき題材のことを指します。参加者が、この「タスク」の解決策を導き出し、海外ローカル企業に提案していただくのが、この「グローバルタスクソリューション研修」です。

■本研修において解決する「タスク」

 タスクは、大きく4つのカテゴリーに分かれています。広くどの組織にも共通するタスクから、業種・職種指向性の高いものまであります。従って、貴社のグローバル人材育成の方針や、自社の業種・ビジネス志向性に合わせてタスクをお選びいただくことができます。 タスクイメージ
※1.タスクは、ローカル企業の課題をベースにしているため、必ずしも常時全てのカテゴリーのタスクがあるとは限りません。 ※2.各タスクの最低催行人員は、3名様です。3名様に満たない場合は実施を見送りあるいは中止する可能性もございます。

■「タスク」解決までの流れ

 国内研修では、海外業務に必須のスキル研修や、タスクに応じた研修あるいは必要な関連情報の提供によるインプットをもとに、タスクに対する仮説を策定します。
 海外研修においては、参加者自身が仕事で得た能力に加えて国内研修で得た知識・スキルを活用しながら「現地調査」にて仮説を検証し、アウトプットとしてローカル企業の経営者に対して「タスクの解決策」を提案します。

■タスク毎の「国内研修」や「現地調査」について

 グローバルタスクソリューション研修では海外研修の前にタスクカテゴリーに応じた適切な国内研修をご提供いたします。 また、各タスクカテゴリーで想定される現地調査内容は以下の通りです。
 
タスクカテゴリー 国内研修 (テーマ例) 現 地 調 査
 1. 経営・成長戦略  ● 経営分析方法と戦略の描き方 ローカル企業経営企画室からのヒアリング、
当社の強みとされる要素の現場視察など
 ● 東南アジア企業の成長戦略
 2. 営業・
   マーケティング
 ● 売上向上施策 他社売場との比較、現地人の嗜好性調査、など
 ● マーケティング調査方法 取引先ヒアリング、現地一般人ヒアリング、など
 3. 生産管理・
     資材調達
 ● 新興国における生産管理の仕方 工場における労働者の人員配置、設備、レイアウト等の調査など
 ● 日系企業の要求水準に対応するための方法 品質管理部門へのヒアリング、工場の視察、歩留まり調査など
 4. 組織・運営管理  ● 従業員満足度調査の基本と活用法 各部署の従業員へのアンケートやヒアリングなど
 ● 従業員のチームワーク向上方法 問題になっている部門の部員へのヒアリング、
インタビュー実施など

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.