公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
「国際視察・研修」トップ

グローバルマネジメント研修
アメリカコース
ヨーロッパコース

参加者の声
参加お申し込みについて
パンフレット・ダウンロード

お問い合わせ
トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > 各種国際視察・研修 >
アメリカコース

アメリカコース

変革を続けるアメリカ産業界の最新動向、ダイバーシティ施策、CSR活動等の最新事例を学び、日本企業がグローバルな経営環境の変化に対応するための方法を探ります。また、家庭訪問や地域交流プログラムでは、働き方や生活観などをテーマに、日米の相違を感じながら、国際感覚を醸成します。

■本コースの特徴

1.大学セミナー
米国の大学において、日米の政治経済の違いや「IoT」、「ビッグデータ」を活用したマーケティング先進事例を学ぶことで、日本企業がグローバルな経営環境の変化に対応するための方法を探ります。

2.企業訪問
米国の企業が、一見コストと見られがちな「CSR」や「ダイバーシティ」などを、どのように企業の付加価値創造に活かしているか、その考え方と取り組みについて学び、広い視点での問題意識を醸成します。

3.地域交流プログラム
米国の高等学校を訪れ、日本の文化・習慣についてのプレゼンテーションやディスカッションを通して、日米の違いや異文化に対する理解を深めます。

4.家庭訪問
米国の一般家庭での交流から、米国社会の寛容性を体験すると共に、異なる環境で多様な人々と調和できるコミュニケーション力の向上を目指します。

■近年の訪問先・訪問テーマ例

  • ニューヨーク市立大学経営大学院(ビジネススクール)
    「日米マーケティング比較」
  • コロンビア大学経営大学院(ビジネススクール)
    「日米経済比較」
  • ニューヨーク大学経営大学院(ビジネススクール)
    「変化する環境の中での組織行動」
  • ボーイング(航空機)
    「CSR(企業の社会的責任)」
  • ピーエムアイ(製造)
    「米企業の社会貢献活動」
  • ルーズベルト・ハイスクール(シアトル高等学校)
    「地域交流プログラム〜日本文化や方言紹介」

■スケジュール

  月日・都市 プログラム
1 10/15(日)
ニューヨーク
 成田または羽田空港発
 午後:ニューヨーク着
2 10/16(月)
ニューヨーク
 午前:公式プログラム
    (企業・団体訪問)
 午後:市内視察
3 10/17(火)
ニューヨーク
 午前:公式プログラム
    (大学セミナー)
 午後:自主研修
4 10/18(水)
ニューヨーク
シアトル
 午前:空路、シアトルへ

 午後:市内視察
5 10/19(木)
シアトル
 午前:公式プログラム
    (企業・団体訪問)
 午後:市内視察
 夕刻:家庭訪問
6 10/20(金)
シアトル
 午前:地域交流プログラム
    (現地の学校を訪問予定)
 昼刻:最終評価会
 夕刻:自主研修
7 10/21(土)
シアトル発
 空路、帰国の途へ
8 10/22(日)
東京
 午後:成田または羽田空港着

  • プログラムは訪問先の都合により変更になる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。
  • 募集人員15名(最少実施人数10名)

■お申し込み

    お申し込みはこちらをご参照ください。


▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.