公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究・報告書
賃金管理士会のご案内

雇用システム研究センター概要

お問い合わせ
トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > 雇用システム研究センター
> 考課者訓練講座のご案内

■考課者訓練講座のご案内

 考課者訓練の効果的な展開こそ、今日の能力主義人事を支える最大の柱です。
 社員の育成・活用を充分に図り、会社・組織の高生産性の達成につなげる人事考課、目標面接、育成面接の実効の成否は運用にあたるライン管理者(考課者)にあります。管理者の意識改革と考課能力の向上を推進する仕組みとして、さらに、年俸制の導入や目標面接制度の効果的な運用に不可欠なベースとして、考課者・面接者訓練の重要性が高まっています。

 日本生産性本部では、すでに多くの企業診断や考課者訓練受託の経験を活かし、個別企業のニーズに基づいた研修を企画・実施してまいりました。

 是非、この機会に「考課者訓練講座」の導入・改善をご検討ください。

■考課者訓練コースのご案内

  • 研修目的に応じて4つの研修コースが用意されています。
  • 研修コースの組み合わせによりニーズに合った研修企画ができます。
  • 20年にわたる教材の作成と経験豊かな講師の指導により、効果の高い研修が期待できます。
  • テキスト、ケーススタディ用教材費を含むパッケージ料金で効率的な運営が図れます。
考課者訓練
基礎コース
考課者訓練導入の第1ステップ。新任の考課者を対象とする入門コース。

  • 人事考課の基礎理論の修得
  • 模擬考課演習(当本部ビデオ版ケース使用)
  • 育成面接の理論と技法
  • 新任管理者研修
    昇格・昇進時研修
    考課直前研修
    〔1日コース〕
    考課者訓練
    アドバンスコース
    自社の人事制度に即したオーダーメイドのコース。
    教材開発から制度の浸透までのサポートをします。


  • 自社版教材の企画・開発
  • 基礎コースのフォローアップ
  • 自社版ケース、考課表、面接表による考課演習
  • 基礎コースのフォロー研修
    制度導入時研修
    現行考課者訓練の再構築
    〔1日〜2日コース〕
    目標面接・評価
    フィードバックコース
    目標設定と評価、フィードバックの進め方を修得するコース。 目標制度のスムーズな運用のサポートをします。

  • 業務目標、能力開発目標の設定演習
  • 業績評価とフィードバック演習
  • 目標面接演習
  • 目標設定・評価訓練
    評価基準作成講座
    目標面接訓練
    〔1泊2日コース〕
    インストラクター
    養成コース
    社内で考課者訓練を行うためのインストラクター(指導員)を養成するコース

  • インストラクター用テキストの開発
  • インストラクション理論・技法の修得
  • 考課者訓練の実習訓練
  • 考課者訓練インストラクター養成講座
    〔合宿〕

    ■考課者訓練基礎コースのご案内

    項目と標準所要時間 講座内容 講座の狙い
    人事考課理論の習得

    (講義)
    1時間30分〜2時間
    能力主義に基づく人事考課の基礎理論の修得

    (講義内容)
    1)育成型人事考課の基礎理論
    2)人事考課制度の組み立て
    3)正しい評価の進め方と管理者の役割
    4)人事考課のルールとエラー
    考課目的と基礎理論の正しい理解

    人事考課の意義と考課者の役割、そして、人事考課の基礎理論の理解を図ります。
    考課者訓練

    (演習)
    4時間
    当本部製作のケース・スタディによる考課ルールの正確な理解と評価基準の調整

    (訓練の進め方)
    1)ビデオによる出題
    2)個人評価、発表
    3)グループ演習
    4)グループ発表、総括
    考課ルールの理解と評価基準の統一

    公正な評価のためのルールの正しい理解と評価基準の共有化を図ります。
    育成面接の理論と技法

    (講義と演習)
    1時間〜1時間30分
    人材の育成を図る面接制度の役割の理解と面接技法の演習

    (講義・演習内容)
    1)面接制度の意義と役割の認識
    2)育成面接の技法の演習
    人事考課の活用と部下育成・指導力の向上

    フィードバックを通して目標達成、職務改善、 能力開発のための有効展開を図ります。

    • 標準スケジュールは1日コースの例です。2日以上のコース設定も可能です。研修ニーズに応じて企画設計できます。
    • 標準テキストとケース教材があります。訓練コースとケース教材は、初級・中級・上級向けがあり、考課者に対して継続的な研修ができ、効果的にフォローできます。テキストは、個別ニーズに応じて編集することが可能です。
    • 研修の詳細内容、および企画見積りは別途お問い合わせ下さい。

    ▲ページTOP
    (c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.