講座の特長

1.コンサルティングスキル習得を目的とした講座

  • 経営全般に及ぶ広範な知識、コンサルティング・ノウハウの修得を通じて、企業を診る目を養い、経営革新を支援もしくは、実現するための思考力、実行力を身につけます。経営計画策定手法、従業員意識調査、工場診断手法など、コンサルティングニーズの多いテーマにつき、そのノウハウの提供をします。

2.企業経営を俯瞰して経営全体を抑える講座

  • 本講座は、経営全般の知識・スキルを修得するプログラムを提供しています。財務や経営戦略・マーケティングといった特定領域のみならず、生産管理、人事労務管理等を併せた企業経営のすべての領域を体系的に関連づけて修得すると共に、経営全体を俯瞰した視点から経営課題を抽出できることを目指しております。

3.経営を診て、「経営を動かせる能力」を身につける講座

  • 本講座では、経営知識・スキルを習得し、経営診断能力を身につけていただくだけでなく、企業診断実習やコンサルタントとの対話を通じて、経営に関わり、実際に経営を動かせる能力を身につけることができます。

4.コンサルティングファームが行う日本で唯一の経営コンサルタント養成講座

  • 日本生産性本部は経営コンサルタント養成と経営コンサルティングの実践の両輪を行っている日本で唯一の機関です。当本部のコンサルティング・ノウハウを活用し、幅広くそのノウハウの普及を行っております。講義は、現在第一線で活躍している当本部専属経営コンサルタントが中心に担当し、理論面・実務面の双方の理解を最大限に促す体系を組んでおります。

5.企業診断実習による実践的な経営コンサルティングスキルの体得

  • 基礎から応用まで、知識およびスキルを修得していただいた後、企業診断実習において、企業の経営コンサルティングを実際に経験していただきます。これにより、机上の理論に終わることなく、極めて実践的・現実的なソリューション能力を体得していただけます。

6.公益財団法人日本生産性本部認定 経営コンサルタント資格の取得

  • 講座終了後に「公益財団法人日本生産性本部認定 経営コンサルタント」資格の認定試験(年1回)を受験することができます。本資格は、(社)全日本能率連盟に登録された唯一の経営コンサルタント資格称号です。現在、約4,000名の資格登録者がおり、多様なフィールドで活躍しています。

7.人的ネットワークの構築

  • 本講座では、出講している第一線の当本部専属経営コンサルタント、本講座の受講生との、様々な人的ネットワークを構築できます。修了後、企業の経営課題解決等の際に、構築した人的ネットワークを活用されている方が多数います。

8.受講後のフォロー

  • 講座修了後も、講義や実習を担当したコンサルタントが、受講生の個別相談に応じます。経営指導の進め方、業界情報の提供などについて、親身に対応いたします。また、講座OB向けにセミナー等の開催やメールマガジンによる情報発信などのフォローアップも行っています。

9.人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)の対象講座

10.演習やケースメソッドを多く取り入れた実践的な内容

  • 本講座は、「実践能力」を重視しており、演習やケースメソッドを通じて理解を促し、経営コンサルティングスキルのレベルアップを目指しています。使用するケースは、実際の診断先企業の事例を元に本講座が独自に開発したオリジナルケースです。

11.効果的な学習体系・方法の導入(サマリー作成と理解度把握試験の実施)

  • 日々の講義内容を講義レポート(サマリー)としてまとめていただきます。まとめたサマリーを翌朝、サマリーグループで発表・意見交換し理解を深めます。また、経営戦略、財務などの領域ごとに理解度チェックのための試験を実施します。

ページのトップへ