公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
労働安全衛生法改正への対応

働く人の心の健康診断(JMI)
概要
実施の流れ
診断結果の活用法
提供可能な改善サービス
実施費用
よくある質問
資料請求

産業人メンタルヘルス白書
アンケート調査結果
メンタルヘルス公開セミナー
講演・企業内研修
メンタル・ヘルス研究所の沿革

旧コンテンツ
メンタルヘルス大会
心の健康相談室レポート
研究員ノート
政府指針・報告等
メンタルヘルス用語集

お問い合わせ


トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > メンタル・ヘルス研究所 > 働く人の心の健康診断(JMI)

■働く人の心の定期健康診断

■300万人超の実績
JMI(Japan Mental Health Inventory)健康調査は、1980年に開発された“心の定期健康診断システム”です。これまでに延べ3,000社以上、300万人超の方々にご利用いただき、日本国内はもとより海外からも高い評価をいただいております。その内容は職場領域、身体領域、精神領域、活力領域の4領域からなり、質問項目は 400項目に及びます。

■個人と組織の健康度向上への活用
JMI健康調査の最大の特徴は、個人と組織の健康をともに調査し、個人の幸福と組織の活性化を同時に達成するシステムにあります。個人に対しては、心の健康状態を測定し、その結果を当研究所から直接ご本人の指定した宛先に親展郵便にて送付いたします。
さらに、組織改善のために集団データを集計・分析し、組織のメンタルヘルス状況のアセスメントも行います。組織・職場のマネジメントの課題にも目を向け、より良い職場づくりを目指します。

■厳格なプライバシー保護
この種の調査は、プライバシーの厳守が絶対条件です。私どもはプライバシーマークを取得し、万全の体制を構築していますので、安心してご利用いただけます。

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.