公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
労働安全衛生法改正への対応

働く人の心の健康診断(JMI)
概要
実施の流れ
診断結果の活用法
提供可能な改善サービス
実施費用
よくある質問
資料請求

産業人メンタルヘルス白書
アンケート調査結果
メンタルヘルス公開セミナー
講演・企業内研修
メンタル・ヘルス研究所の沿革

旧コンテンツ
メンタルヘルス大会
心の健康相談室レポート
研究員ノート
政府指針・報告等
メンタルヘルス用語集

お問い合わせ


トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > メンタル・ヘルス研究所 > 働く人の心の健康診断(JMI) > 実施の流れ

■JMI健康調査 実施の流れ

1.実施検討
目的、個人結果・組織結果の活用方法、実績・信頼性、フォローアップ体制、プライバシー保護等を十分にご勘案のうえ実施をご検討ください。

2.実施決定
実施対象人数、日程、分析内容、活用方法等について事前に打ち合わせをさせていただきます。

3.事前PR
調査の効果を高めるため、調査目的を対象者全員に正しく理解していただきます。(講演会、実施説明会、社内イントラネット掲示板、社内報・労働組合ニュース・健康保険組合ニュース、ポスター等)

4.調査票の送付
当研究所より対象人数分の調査票を一括して担当の方へ送付しますので、担当の方を通じて対象者に配布していただきます。

5.調査の実施
プライバシー保護のため、必ずご自宅で記入していただきます。所要時間は約30分です。実施期間は休日をはさんで1週間〜10日位が適当です。

6.調査票の回収
個人の方には、調査票を完全密封して担当の方へ提出していただき、ご担当の方には調査票を会社・事務所ごとにまとめ、当研究所に送付いただきます。

7.データの分析
当研究所でデータの記入漏れがないかチェックした後、分析を行います。

8.結果送付
調査票到着後2〜3週間で個人結果を当研究所から直接本人の指定した宛先にお送りいたします。個人結果報告到着後、3〜4週間程で組織の分析結果をお届けします。

9.結果報告
組織分析の結果については、データの読み方、結果の説明、改善点、対応策等を当研究所の研究員がご報告いたします。

10.フォローアップ
組織での研修、改善活動についてもご相談に応じます。

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.