公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
労働安全衛生法改正への対応

働く人の心の健康診断(JMI)
概要
実施の流れ
診断結果の活用法
提供可能な改善サービス
実施費用
よくある質問
資料請求

産業人メンタルヘルス白書
アンケート調査結果
メンタルヘルス公開セミナー
講演・企業内研修
メンタル・ヘルス研究所の沿革

旧コンテンツ
メンタルヘルス大会
心の健康相談室レポート
研究員ノート
政府指針・報告等
メンタルヘルス用語集

お問い合わせ


トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > メンタル・ヘルス研究所 > 働く人の心の健康診断(JMI) > 診断結果の活用法

■JMI健康調査 診断結果の活用法

1.個人結果
個人結果は心身の健康、性格傾向、職場環境のそれぞれの領域についてグラフとコメントが示されます。ご自分の心の健康状態や活力を確認することで、セルフケアに役立てていただくことができます。

2.組織結果
JMIの目的は、個々人の心の健康状態を把握して心の病を予防することに加えて、 組織の健康状態を把握し不調者を生まない活力ある職場づくりを実現していく ことにあります。 そのためには診断結果の分析によって組織(職場)の問題と対応策をしっかりと把握し、 改善に向けた継続的な取組みを進めていくことが重要となります。 メンタル・ヘルス研究所はこの改善サイクルを一貫してサポートいたします。

JMI健康診断によるメンタルヘルス改善サイクル


組織結果による様々な抽出課題


▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.