公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
労働安全衛生法改正への対応

働く人の心の健康診断(JMI)
概要
実施の流れ
診断結果の活用法
提供可能な改善サービス
実施費用
よくある質問
資料請求

産業人メンタルヘルス白書
アンケート調査結果
メンタルヘルス公開セミナー
講演・企業内研修
メンタル・ヘルス研究所の沿革

旧コンテンツ
メンタルヘルス大会
心の健康相談室レポート
研究員ノート
政府指針・報告等
メンタルヘルス用語集

お問い合わせ


トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > メンタル・ヘルス研究所 > 労働安全衛生法改正への対応

■労働安全衛生法改正への対応

■労働安全衛生法改正により、2015年12月よりストレスチェックの実施が義務付けられました!
  • 従業員50人以上の組織ではストレスチェックの実施が義務付けられます。
  • ストレスチェックは仕事のストレス要因、心身のストレス反応、周囲のサポートの3領域を含んでいる必要があります。
  • ストレスチェックは実施者(医師、保健師等)が従業員に対して実施し、その結果を、従業員に通知します。実施者が、特に、面接指導が必要と認めた高ストレス者に対してはその旨を通知します。
  • ストレスチェックで面接指導が必要と通知された高ストレス者のうち、希望する者は、原則としては事業者に申し出た後、医師面接を受け、指導等を受けます。
  • ストレスチェック、面接等の実施状況を労働基準監督署報告することが義務付けられます。


■高い信頼と実績を誇る日本生産性本部のメンタルヘルスサービス
 日本生産性本部では、1985年よりJMI健康調査を実施し、これまでに、延べ3,000組織超・300万人以上の皆様にご利用いただき、高い信頼をえております。
 今回の労働安全衛生法の改正が求めているストレスチェックから、法律が推奨するストレスチェック後の職場改善活動を含めた様々なサービスを、これまでの三十数年の実績をもとにご提供いたしております。
   ⇒具体的なサービス内容についてはこちら
 
 貴組織のニーズにより対応をいたしますので、詳しいご説明を希望される方は、お問い合わせください
   ⇒お問い合わせはこちら



▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.