公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
組織パフォーマンスサーベイRAPsのご案内
組織パフォーマンスサーベイ RAPsの特徴
サーベイ活用による組織変革
想定される主な導入例
組織向けフィードバック
個人向けフィードバック
調査要領
ソリューションのご提供
サーベイパンフレット(PDF)
無料紹介セミナーのご案内・
お問い合わせ

トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > 組織パフォーマンスサーベイRAPsのご案内

組織パフォーマンスサーベイRAPsのご案内
サーベイ開発にあたって目指したもの

サーベイ開発の背景
この度、日本生産性本部は「組織パフォーマンスサーベイ」(RAPs)を開発しました。本サーベイ開発の背景には、図1のような組織を取り巻く環境変化があります。現在は、環境変化に伴い、経験したことのない課題(未経験課題)が増え、組織の在り方も問われる時代となったと言えます。
図1. 組織環境の変化
組織課題の質の変化への対応
このような状況下、組織はこれまでの経験からくる前提や発想に基づく「反復対応」だけでなく、新たな方法論が求められる「未経験課題」へ対応し、新たな価値を創造(イノベーション)するための変革を迫られています。
その実践のためには、サーベイ結果を起点として変革へのシナリオを構築・促進することが重要です、それにより、メンバーの行動(パフォーマンス)を仕事のイノベーションにつなげ、また職場の力を結集してより大きな成果を上げるためのチームパフォーマンスを強化することで、最終的にイノベーションを実現することができると考えております(図2)。

組織パフォーマンスサーベイRAPs活用のおすすめ
本サーベイでは、組織心理学などの最新の知見を盛り込み、パフォーマンスレベル及びそれを上昇させるために必要な資源の現状(潜在力)を明確にすることができます。これにより、予測が立てにくい現状においても、調査結果を根拠とした「シナリオに基づく組織変革」によるイノベーション実現に資することができます。
本サーベイを活用いただくことで、貴組織及びそこで働くメンバーがより高いパフォーマンスを発揮し、イノベーションを実現することに寄与できれば幸いに存じます。
図2. 組織課題への対応プロセス

RAPsとは 本サーベイの略称“RAPs”は、「資源=Resources」「態度=Attitudes」「行動=Performance」を測定する「サーベイ=s」を意味しています。「個人・仕事」「職場」「組織」の各種資源(R)の充実度が、態度(A)形成を媒介し、行動(P)につながるというRAP(資源-態度-行動)モデルに基づいています。組織でとられている行動、行動を促進する態度形成、資源の状態を明確にし、調査結果を根拠とした、シナリオに基づいた組織変革によるイノベーション実現を支援するために開発されたサーベイシステムです。 

■ 共同開発

学習院大学 経済学部 竹内倫和 教授 早稲田大学ビジネススクール 竹内規彦 准教授
学習院大学 経済学部 竹内 倫和 教授RAPsは、大きく2つの特徴を持っています。1つが、個人の日頃の行動や性格、健康面などの振り返りと職場・組織開発の双方が可能な点と、もう1つが職場・組織開発において変化適応や変革に向けた従業員行動も把握することが可能な点です。RAPsの導入により、複数実施してきた従業員調査を一本化できると同時に、企業を取り巻く環境変化が不確実かつ激しい今日における強靭な職場・組織づくりに貢献できればと考えています。 早稲田大学ビジネススクール 竹内 規彦 准教授RAPsは最新の組織行動学の理論に支えられた信頼性の高いサーベイ・ツールですが、同時に応用性・汎用性の面でも大変優れたツールです。組織診断はもとより、「研修」にも効果的に活用できます。例えば、リーダーシップ開発、チームワーク促進、モチベーション向上などを目的とした研修場面で、受講者に客観的な気づきを促すのに役立ちます。また、研修前後に実施することで研修の効果測定やその後のフォローも可能です。私も管理者研修で実際に使用し、RAPsの汎用性の高さを実感しています。

■ アドバイザー

日本経済大学大学院経営学研究科
(九州大学名誉教授)
古川 久敬 教授
教育学博士(九州大学) 専門は組織行動学、人的資源管理、組織心理学。九州大学大学院人間環境学研究院 教授を経て現職。主な著書に、『構造こわし』(誠信書房1990)、『 基軸づくり』(日本能率協会2003)、『 チームマネジメント』(日本経済新聞社2004)、『<先取り志向>の組織心理学』(有斐閣2012)、『 「壁」と「溝」を超えるコミュニケーション』(ナカニシヤ出版2015)など。

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.