公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
組織パフォーマンスサーベイRAPsのご案内
組織パフォーマンスサーベイ RAPsの特徴
サーベイ活用による組織変革
想定される主な導入例
組織向けフィードバック
個人向けフィードバック
調査要領
ソリューションのご提供
サーベイパンフレット(PDF)
無料紹介セミナーのご案内・
お問い合わせ

トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > 組織パフォーマンスサーベイRAPsのご案内 > 調査要領

調査要領

調査対象 ◎ 競争力の強化、価値創造、イノベーションの実現を目指し、個人とチームのパフォーマンス
  向上や組織の現状把握、各種トレーニングなどの効果測定などに関心を持つ会社、組織
 ※工場や事業部など事業場、部門単位での利用も可能です。個人でのお申し込みは受け付けておりません。


調査方法 ◎ WEBまたは紙を利用した、対象組織従業員に対する多肢選択式(6件法中心)質問紙調査
・WEB調査: 調査対象者のメールアドレスをご提供いただき、メールで案内・ログインを頂く方式、あるいは貴社専用URLを設定し、担当者様からアクセス先をご案内いただく方式の選択が可能
 ※受検者がメールアドレスを持っている必要があります。ブラウザ、OSの適応はお問い合わせ下さい。
・紙調査: 用紙をご担当者様より配布、一定期間後に回収
 ※回答結果入力、個人結果送付に追加の費用が発生します。


測定項目 ◎ 主要尺度
1. 組織内の各場面での各種行動
役割内行動、変化適応行動、自発的変革行動、チームパフォーマンス
2.「個人・仕事」領域の資源、態度
・資源 疲労感の少なさ、抑うつ感の少なさ、プレッシャーの少なさ、不安の少なさ、社交性、積極性、誠実性、調和性、自信の程度、仕事の裁量度、仕事の重要性、仕事の多様性、仕事の成果フィードバック、目標の相互依存性
・態度 仕事の満足度、仕事上の自信、仕事への前向きさ、仕事の自己評価、仕事上の注意深さ、キャリア志向
3.「職場」領域の資源、態度
・資源 同僚との相互支援、チームワーク(コミュニケーション)、チームワーク(目標受容)、チームワーク(努力)、職場での仕事上の意見相違、職場での感情的意見相違、上司の指導力、上司の部下への配慮、上司からの刺激、上司との相互理解、上司の成果志向、上司の業務外貢献の重視
・態度 職場としての自信、職場のまとまり、職場での仕事の重要性、メンバーの職場への愛着、建設的衝突、同僚との折り合い
4.「組織」領域の資源、態度
・資源 組織からのサポート、ボトムアップ度、手続きの公正さ、従業員教育の充実、人事・給与制度
・態度 組織への信頼、組織への愛着、組織との相互依存性
◎ その他、貴社独自の設問、自由記述欄を追加可能
 ex.残業時間、リーダーシップスタイル、職場行動の評価、メンバー行動の評価など


オプション ◎ 追加分析:「所属」、「役職」など「組織全体」以外での分析
◎ 独自質問項目の追加、自由記述欄の追加、集計
◎ 実施事前説明会、組織分析結果報告書の作成、改善検討会の開催
◎ 経営層への事前インタビュー、各種ソリューションサービスご提供


費 用 ◎ 従業員規模による価格設定(当本部賛助会員には優待価格にて提供します。)
◎ 詳細お問合せ、お見積りのご依頼は、裏表紙の連絡先までお願いいたします。。


図8. サーベイ実施のプロセス例
当本部プロデューサーが、貴組織の問題意識や重点ポイント、想定効果指標などの確認から、実施時期、分析単位、WEB/紙での調査などのスキームの確認まで皆様とともに行います。 WEB調査の場合は個々人でURLへアクセスし、回答いただきます。必要に応じ、催促などを行います。紙調査の場合、調査票を配布・回収いただきます。 回答データを分析し、個人/組織単位でのフィードバックを行います。個人向けフィードバックは、WEB調査はPDFファイルで、紙調査は窓口への一括発送にてお返しします。 全社単位、所属、階層単位など任意の単位での分析を行った結果をフィードバックします。シート類の納品とともに、必要に応じ報告会・改善検討会などを実施し、結果に基づく組織変革の方向性を皆様と共に検討します。

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.