公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
組織パフォーマンスサーベイRAPsのご案内
組織パフォーマンスサーベイ RAPsの特徴
サーベイ活用による組織変革
想定される主な導入例
組織向けフィードバック
個人向けフィードバック
調査要領
ソリューションのご提供
サーベイパンフレット(PDF)
無料紹介セミナーのご案内・
お問い合わせ

トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > 組織パフォーマンスサーベイRAPsのご案内 > 想定される主な導入例

想定される主な導入例
見通しが持ちにくい環境でのイノベーション実現には、「どういう組織を作りたいのか」「そのために高めるべき資源は何か」など、変革へのシナリオを設定して検証していく組織変革の取り組みが必要です。前例踏襲の反復的施策を実施するスタイルで組織変革を求めても、組織、人とも疲弊するばかりです。RAPsを活用することで、現状認識(根拠)とターゲット設定による「シナリオに基づく組織変革」に取り組むことが可能となります。

ケース1 このままでは問題。競争力強化が必要だが、何をすればいい?
組 織 課 題: 課題の質が大きく変わり、課題への対処方法の見直しが必要となっている
導入方法例:
1 当本部プロデューサーが、貴組織の問題意識と組織課題をヒアリング。組織変革に関する方向性を共有。
2 RAPsでの測定により、現在のチームと個人のパフォーマンスレベルを測定。フィードバックを通じ、自組織の持てる力を確認し、目指す方向のために不足している資源を特定。改革のためのシナリオを設定。
(例)リーダーの意識は高いので、個々のメンバーを巻き込むことによるチーム作りによって組織を変革する
3 結果を受け、従前の施策の見直しを図り、「巻き込む力」強化のリーダーシップ研修実施。効果検証。

ケース2 組織改編やM&Aが相次いだ組織を一つに束ねて、新しい価値を生み出したい
組 織 課 題: 組織の一体感を醸成し、チームとしての力をより高めたい
導入方法例:
1 当本部プロデューサーが、貴組織の問題意識をヒアリング。現状の課題、目指すべき姿を共有。
(例)仕事が個人化している。「チームパフォーマンス」が高いレベルにあることを目指す。
2 RAPsでの測定により、自社の「潜在力」を把握。フィードバックを通じ、特にチームパフォーマンスを軸として、不足している資源を特定。改革のためのシナリオを設定。
(例)個人の意識は高いので、「目標の相互依存性」、「組織からのサポート」を高めることにより、「職場のまとまり」を高め、チームとしての力を高める
3 シナリオに基づき、トップからの目標発信や、現場への浸透を図るためのワークショップなどを充実へ。

ケース3 競争力獲得のための組織力を高める人財育成トレーニングで、調査を活用したい
組 織 課 題: トレーニングを実施しているが効果が不明確。目的が達成されたかの効果測定をしたい
導入方法例:
1 トレーニング対象の属性と研修の目的についてヒアリング。研修で高めたい組織力、個人行動を共有。
(例)次世代を担う中核社員を育て、自発的変革行動を高めていきたい。
2 RAPsの受検を通じ、個々人への結果フィードバックによる気付きの促し、及び集団としての傾向把握。
(例)自身の業務レベルでの「自発的変革行動」はできているが、組織やチームを意識した行動が少ない
3 結果を受け、組織トップとの直接対話や個人ごとの行動指針策定などを実施。半年後に再度測定し検証。
※現在、貴社が抱えている重要課題についてご相談頂ければ、課題解決に向けた経営コンサルティングや社内研修のご提案とともに、ソフト面の関係性強化ソリューションやその後のフォローアップまでを含めて一気通貫で課題解決の支援策をご提案申し上げます。


▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.