公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
組織パフォーマンスサーベイRAPsのご案内
組織パフォーマンスサーベイ RAPsの特徴
サーベイ活用による組織変革
想定される主な導入例
組織向けフィードバック
個人向けフィードバック
調査要領
ソリューションのご提供
サーベイパンフレット(PDF)
無料紹介セミナーのご案内・
お問い合わせ

トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > 組織パフォーマンスサーベイRAPsのご案内 > ソリューションのご提供

ソリューションのご提供
ハード改革、スキル向上からソフト面、関係性向上まで幅広くご提案
調査により企業風土を分析した上での導入プロセス設計
→ 組織パフォーマンスサーベイ(RAPs)の活用
 
職場の制度、仕組みの変更(ハード改革とスキル面の強化)
新しい仕事の進め方を習慣化し、組織文化にするための仕掛けや働きかけ
(ソフト面、関係性面の強化)
 
充実すべき資源や態度は、多くはハード面(制度面)、スキル面の強化に関連します。一方、それと同時に、ハード面とスキル面を定着化し、浸透させるためのソフト面(心理面)、関係性面の強化も大切です。
われわれ日本生産性本部では、ハード面とスキル面からソフト面、関係性面のアプローチまで、組織とそこで働く従業員へ働きかける幅広いソリューションメニューをご準備しています。貴組織の問題意識や、サーベイの結果に基づき、日本生産性本部の豊富な組織変革ソリューションをご活用ください。

サーベイで把握された資源や態度の充実度、パフォーマンスレベルの現状の情報を基に、図9に示すような各種ソリューションのご提案が可能です。
これらのソリューションを貴組織の状況や問題意識に合わせてご活用いただくことで、イノベーションを実現するための組織変革を一丸となって達成することができます。
そのサイクルを展開したのちに、再度の調査を通じて各種施策の効果測定とシナリオの検証を行うことをお勧めします。再調査時には、前回結果との比較もご提供します。これらを活用し、イノベーションを実現するための変革の達成度合いや、さらなる改善のための道筋を検討いただけます。 「シナリオに基づく組織変革」へ、本サーベイとソリューションサービスをぜひご活用ください。
RAPsによる多様な資源、態度項目の分析により、打ち手を鮮明化し、それに応じたソリューションをご提供します。
※他にもさまざまなソリューションメニューをご用意しております。詳細はお問い合わせください。

図9. サーベイ&ソリューションによるパフォーマンス向上モデル例
※画像をクリックして拡大


▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.