公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳

お問い合わせ

皆様からの労務、労使関係、労組活動などに関する研修、その他についてのお問い合わせをお待ちしております。

公益財団法人 日本生産性本部
ワークライフ部
〒150-8307
東京都渋谷区渋谷3-1-1
TEL:03-3409-1121
FAX:03-3409-1007

お問合せフォーム

トップページ > コンサルティング・人材育成トップ >
労働組合活動支援プログラム

労働組合活動支援プログラム

日本生産性本部では、信頼に基づく健全な労使関係の構築の実現に向けて取り組んでおります経験やノウハウ、調査実績をもとに、労働組合活動支援プログラムを提供いたします。


労使関係課題、雇用・労働問題関係調査・提言


⇒ 労働組合に関する研修・セミナーについては、こちらをご覧ください

研修・セミナー ラインナップ

オーダーメイド型研修プログラムのご案内

経営を取り巻く最新の課題を幅広く取り上げ、意思決定・戦略構築に役立てていただく1〜3日のセミナーです。
オーダーメイド型研修プログラムのテーマ例
自社の経営データーを活用して、自社の経営状況を把握し分析する目を養いたい 経営分析研修
評価シートをもとに自労組の機関紙の課題を把握した上で、魅力的な誌面づくりのノウハウとスキルを学びたい 情宣・広報研修
労使交渉・協議に臨むべく、自社の人事処遇評価制度の検証に加え、自社の賃金水準や賃金支払能力の把握を行いたい 賃金対策研修
自社の評価制度に対する組合員の納得感を高めたい 労組の立場からみた
批評価者研修
組織内で、組合員を対象にしたキャリア支援セミナーを行い、組合員へのキャリア相談を行いたい キャリア支援研修
組合員自身が実りある豊かな人生を送るために必要なライフプランを考える気付きの場となる研修を行いたい ライフプラン研修
日常における職場の組合活動の中で、職場メンタルヘルス
への取り組み方について勉強会を行いたい
職場メンタルヘルス
向上研修
女性の働き方やその悩みなど、女性組合員同士の情報交換と交流の場をつくりたい 女性組合員研修
組合役員の活動負荷が高いので、活動を遂行する上での担務(業務)のやり方を見直したい 業務改善研修
など
オーダーメイド型研修プログラムの流れ
STEP1 お問い合わせ 問題意識、ニーズの確認をいたします。
STEP2 ミーティング 実際に研修目的などご要望をお伺いし、実施要領・プログラム内容を決めます。
STEP3 ご提案 プログラム詳細、スケジュール、お見積書などをご提案いたし、検討をいただきます。
STEP4 プログラム実施 研修の当日運営に加え、研修の振り返りを行います。

組合活動コンサルテーションプログラムのご案内

日本生産性本部では、下記領域に掲げる内容の組合活動コンサルテーションプログラムを実施することが可能です。貴労組のニーズに応じて企画し、ご提案申し上げます。
経営対策労働条件領域
  • ☆経営分析診断
  • ☆人事賃金処遇・評価制度診断
  • ☆賃金政策の見直し・策定

など

組合員支援領域
  • ☆組合員のキャリア支援プログラムの策定
  • ☆職場のメンタルヘルス診断

など

組合運営支援領域
  • ☆組合ビジョンの見直し・策定
  • ☆組合運動方針・活動の見直し・策定
  • ☆組合独自の教育・研修体系の構築

など

コンサルテーションの主な流れ
  1. 目的、検討事項、方法・体制、進め方の確認
  2. 状況把握と課題抽出(必要に応じてアンケート調査 ヒアリング調査の実施・取り纏め)
  3. 課題解決策にむけた検討
  4. 具体的行動に移すためのアクションプランの検討やプログラムの策定
  5. 組合活動への反映と実践展開
  • ○ 課題解決までの全体コーディネーションを行います。
  • ○ 適宜、外部専門家の招聘などのアレンジメントを行います。
  • ○ 必要な都度、アンケート調査やヒアリング調査の企画・分析・取り纏めを行います。
  • ○ 課題解決に役立つアクションプランやプログラムの策定を行います。

調査支援プログラムのご案内

日本生産性本部では、@組合員意識調査、A労働実態調査などを実施しております。それ以外にも貴労組のニーズに応じた調査を企画し、ご提案申し上げます。
<本プログラムのねらい>
  1. 労使交渉・労使協議での活用の観点から、調査結果を分析し、組合側から提起すべき課題を取り纏めます。
  2. 「組合活動に対する組合員の声」である調査結果をもとに、今後の組合活動のあり方を検討する際に材料となる課題を取り纏めます。
組合員意識調査

※下記7つのカテゴリーをもとに、組合員の意識を把握します。

生活の暮らしやすさ、会社への信頼感、仕事のやりがい、働きやすい職場環境、人事制度の適切な運用度合、労働条件の充足度、労働組合への頼りがい

※カテゴリーや質問項目については、貴労組のニーズを踏まえ、確定いたします。
<意識調査でわかること>
○カテゴリーにおける満足度(信頼度・頼りがい)とその要因分析ができます。
○質問項目間において相対評価を行うことで、課題の優先度を抽出できます。
労働実態調査

※下記8つのカテゴリーをもとに、組合員の労働実態を把握します。

出勤・退勤、労働時間、休日出勤、休憩・休暇・休業(育児休業など)、人事制度の運用人事考課、セクハラ・パワハラ・メンタル面の悩み、職場のコミュニケーション、出向

※カテゴリーや質問項目については、貴労組のニーズを踏まえ、確定いたします。
<労働実態調査でわかること>
○労務管理の仕組みの有無とその運用実態の把握ができます。
○組合員の総合的な労働条件の改善・向上にむけて、取り組むべき課題を明確にできます。

講師派遣プログラムのご案内

日本生産性本部では、組合大会や役員研修会などで講演会を考えられる際に、貴労組のニーズに応じた講師派遣プログラムを実施しております。下記テーマ以外にも対応させていただきますので、まずはお気軽にご相談下さい。
講師派遣プログラム・テーマの一例(標準:2時間)

<労働>

『会社の元気は労組が創る―労働組合役員への期待―』
『60歳以降の雇用創造にむけた労働組合の役割―労組の知恵が会社を元気にするー』
『この危機を乗り越えるための労働組合の挑戦〜いかにして強いチームつくるか〜』
『社員が幸せ感に満たされて働ける職場づくり〜活き活きと働ける職場環境とは〜』
『現場の安全に活かせる事故・不具合の防止策』
『皆がイキイキと働け、かつ成果を上げる職場づくりの実現にむけて
          〜日本一のマグロ船に学ぶ、ストレスとうまく付き合う方法〜』
『仕事も育児も楽しめるワーク・ライフ・シナジー
          〜笑っている父親が社会を変える・ファザーリングのすすめ〜』

など

<経営>

『会社とは何かを改めて考える〜大切にしたい正しい経営とは』
『企業価値を高めるCS向上のヒント〜感動を与えるひとづくり』
『危機管理とコンプライアンス』
『国際競争力をいかに高めるか〜日本企業に求められるR&D戦略と課題』

など

<政治・経済・外交>

『今後の政局展望』
『今後の経済情勢を占う』
『日本外交の課題と求められる外交政策』

など

<リーダーシップ・組織論>

『人が成長する組織づくりにむけて〜トップアスリートから学ぶメンターの役割』
『精神筋力〜困難を突破し、たくましさを育てる』
『変化に追われるリーダーに求められる視点〜「考える質」を変化させる鍵とは』
『チーム力をいかに高めていくか〜感謝と絆の大切さ』
『脳の本質に学ぶ〜目標を達成するリーダーのための勝負脳〜』

など

<その他>

『実効性のある地球温暖化対策の実現にむけて』
『生きることの本質〜いのち活かすために』

など

お問合せ

皆様からの人事・労務、賃金関連、労使関連、マーケティング(営業)、社内教育・研修、 労働安全、メンタル・ヘルス、その他についてのお問合せ・相談ごとをお待ちしております。

公益財団法人 日本生産性本部
ワークライフ部
〒150-8307 東京都渋谷区渋谷3-1-1
TEL:03-3409-1121 FAX:03-3409-1007

お問合せフォームはこちら

■ご登録情報の安全性について

ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護されています。

■操作方法について

  1. 「お問い合わせ入力画面はこちら」のボタンをクリックしてから入力ください。
  2. 必要事項入力後、「確認」ボタンをクリックしてください。
  3. 「登録終了」の画面が表示されましたら、入力は終了です。
  4. ご入力いただいたメールアドレスに受理確認メールが自動的に送信されます。
  5. 頂きましたお問い合わせ・ご質問は該当部署へ転送し、該当部署より返答させて頂きます。

なお、お問合せ・相談ごとの内容によってはお答えいたしかねる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る

(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.