公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
「生産性の船」トップ

「生産性の船」のご紹介
  「生産性の船」とは
  「生産性の船」の特徴
研修テーマとねらい
研修プログラムの流れ
講師のご紹介
参加者の声
  コース別研修
  現地研修
  経験交流
ご派遣組織の声
参加者について
よくあるご質問

手続きの流れ
お申し込みについて
研修費について
パンフレットのダウンロード

お問い合わせ

カスタマイズ洋上研修「生産性の船」
カスタマイズ海外研修
公開研修・セミナー

トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > 洋上研修(生産性の船) >
ご派遣組織の声

ご派遣組織の声

■「生産性の船」に対するご派遣担当者の声

人材育成ご担当者の以下のようなご要望に「生産性の船」はお応えし、
確実な成果をあげられます。

◆新しい顧客視点での業務革新に取組むため、顧客満足を理解する動機づけを与えたい。
◆グローバルな競争環境の中で自社、自己の強みを認識し、新たな顧客価値創造に貢献出来る人材
 を育てたい。
◆組織内、部門内、職場グループ内で顧客満足に視点をおいた活動を展開するにあたり、そのための
 リーダーを育てたい。等々

○ご派遣担当者の声(メーカー・卸売関係A社) 
  1. 派遣する対象者:
    チームリーダー層と中堅社員層から、それぞれ2名
    社内公募にて希望者を募り、上層部との面接を経て派遣している。

  2. 派遣する目的と期待したこと:
    視野拡大と他社との交流、ネットワークづくり。自組織では得られない「業務革新への動機づけ」と位置づけている。

  3. どのような成果があったか:
    階層や年齢を越えた他社との交流により、仕事の悩み、職場の改善点、顧客本位の業務革新等、色々なことに「気づき」を得たようで、積極性が身についた。

  4. 参加後のフォローアップ状況等:
    帰国後、社長・役員、現業社員を中心に報告会を実施。顧客視点での業務革新について役員も問題提起を受け止めて、全社的な意識改革と率先垂範を行うようになった。


○ご派遣担当者の声(外食産業B社) 
  1. 派遣する対象者:
    マネージャー(管理者)に昇格することが決まった係長クラスの営業職を2名選抜している。

  2. 派遣する目的と期待したこと:
    本人の役割(職制)への動機づけと、対人関係・調整能力を高めてもらうこと。

  3. どのような成果があったか:
    @仕事に取り組む姿勢、考え方に自主性が出てきた。
    A部下の面倒や相談に積極的に応じるようになった。

  4. 参加後のフォローアップ状況等:
    帰国後レポートを提出させているが、研修後は本人が主体的にスキルアップや改善等に取り組んでいる。


○ご派遣担当者の声(建設関連C社) 
  1. 派遣する対象者:
    社内公募制で、所属長の推薦を受けたチームリーダー層を若干名選抜している。

  2. 派遣する目的と期待したこと:
    問題解決能力・マネジメント能力向上のため、また異業種交流による視野の拡大、およびネットワークづくりのため。

  3. どのような成果があったか:
    参加者全員が研修内容に満足し、人生観が変わったという者もいた。異業種交流により発言力も増し、職場へ戻り後輩に対して率先垂範を行なうなど、参加者の上司からも研修成果が出ているとの感想を得ている。

  4. 参加後のフォローアップ状況等:
    研修レポート、参加感想レポート提出を求め、社長ほか役員向けに帰国報告会を実施している。


○ご派遣担当者の声(サービスD社) 
  1. 派遣する対象者:
    リーダークラス(係長・主任)あるいはその昇格一歩手前の者
    昇格したばかりの派遣が望ましいが、昇格時期との兼ね合いで時期が合わない。そうすると1年待つ必要がある。リーダークラスになったときにはすでに「ひと皮」剥けてもらっている状態が望ましいため、昇格前に派遣するのが理想。

  2. 派遣する目的と期待したこと:
    リーダーとして「ひと皮」剥けること。積極的に上申したり、後輩にアドバイスする等、社内外の関係者に働きかけをしてほしいと考えている。異業種・異職種の方々にもまれて、多くの気づきを得て職場に戻ることを期待している。

  3. どのような成果があったか:
    派遣前は属するプロジェクトチームでも我関せずの態度だったものの、派遣後、会議でなかなか意見が出なかったときに「生産性の船」で体得したブレーンストーミングの手法を持ち出し、アイデアの発散を積極的に促すなど、ファシリテーターとしての役割を担うようになった。驚きの変化だった。

  4. 参加後のフォローアップ状況等:
    期末の面接において通常業務の評価以外に、「研修成果報告レポート」に記入した“私の行動宣言”について、3ヶ月後に送られてくるフォローアップシートをもとに、進捗と今後の取り組みを確認している。



▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.