公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
「生産性の船」トップ

「生産性の船」のご紹介
  「生産性の船」とは
  「生産性の船」の特徴
研修テーマとねらい
研修プログラムの流れ
講師のご紹介
参加者の声
  コース別研修
  現地研修
  経験交流
ご派遣組織の声
参加者について
よくあるご質問

手続きの流れ
お申し込みについて
研修費について
パンフレットのダウンロード

お問い合わせ

カスタマイズ洋上研修「生産性の船」
カスタマイズ海外研修
公開研修・セミナー

トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > 洋上研修(生産性の船) > 参加者の声・コース別研修

参加者の声

■コース別研修

■顧客本位の考え方の理解
■リーダーシップマインドとスキルの獲得
○多角的な視野の獲得
○リーダーシップに必要なスキル習得
○変革に向けての行動実践
◆イメージと、実体験では全く違うということを学び、仕事においても「まずやってみる」ということが肝心だと感じた。「自分の意見を伝える」、「自分で行動を起こす」ことを躊躇することがあるが、今回の研修で遠慮や恥ずかしさを優先させるとチャンスを逃してしまうことがあると強く感じた。
今後は、積極的に自分の考えや意見を伝え、人の意見を聞きながら、よりよいものを創造していくということを仕事の中で実践していきたい。また人生において、環境や状況は自分で作り出すことができると信じ、行動していきたい。
◆他の企業の考え方、意見を聞けたことは大変刺激になった。また、違う考え方、捉え方を学んだことに加えて、リーダーシップを発揮していく上での、自分自身の弱点が把握できたことは収穫だった。


◆仕事をしている中で問題があると、会社の仕組みやシステムであったり、一緒に仕事をしている同僚や部下、上司に対する不満を言いがちだが、根本的な問題点は、自分の中にあるということが理解出来た。他者を変えることは出来ないが、自分の考え方や意識が変われば、行動や他者に対する態度が変わり、それが他者の自分に対する考え方や態度、ひいては組織の変革につながっていく。また自己変革を行うことにより、仕事に対するモチベーションが向上し、それが仕事に反映されることにより、顧客満足度の向上にもつながっていく。つまり他者に変わることを求めなくても、自分の意識のあり方で自分の運命を変えることができる、という大きな気づきを得た。
◆少しでも前に進む(変革=現状からの脱却)ことの大切さと、従業員の意識統一、教育の大切さを学んだことをふまえ、双方向のコミュニケーションを実践したい。
リーダーとしてもチーム内の意識付けを行なうととともに、自らが手本となれるよう自己研鑽に励み、より良いスパイラルを起こしていこうと思う。
◆チーム討議をしている中で自分の足りないところ、またポジティブな考え方を学び、この研修の成果を職場で活かしていく気持ちになれた。
型にとらわれない「あるべき姿」へ向けた課題達成へのプロセスの中で、自由意思、創造する能力、自力心も学ぶことができた。


▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.