公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
労働安全衛生法改正への対応

Health & Productivity Survey
  HPSストレスチェックの特徴
  実施の流れ
  集団分析結果について
  個人分析結果について
  ソリューションメニュー
  便利で安全なストレスチェック
  費用について

働く人の心の健康診断(JMI)
概要
実施の流れ
診断結果の活用法
提供可能な改善サービス
実施費用
よくある質問
資料請求

産業人メンタルヘルス白書
アンケート調査結果
メンタルヘルス公開セミナー
講演・企業内研修
メンタル・ヘルス研究所の沿革

旧コンテンツ
メンタルヘルス大会
心の健康相談室レポート
研究員ノート
政府指針・報告等
メンタルヘルス用語集

お問い合わせ

トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > メンタル・ヘルス研究所
> Health & Productivity Survey (HPS)

HPS
ストレスチェックならHealth & Productivity Survey (HPS)

■Health & Productivity Survey (HPS)とは
Health & Productivity Survey (HPS)は、働く人と組織の健康や健全性を調査・分析する、ストレスチェック義務化対応サービスです。
ストレスチェック制度の目的は、第一にメンタルヘルス不調者の発生を予防することです。働く人々に自身にかかるストレスへの気づきを促すとともに、働きやすい職場づくりを進めることで、メンタルヘルス不調を未然に防止するのです。しかし、いずれの産業、人数規模の組織においても7割程度がストレスチェック結果の活用に課題を感じていることが明らかになっています。* ストレスチェックの実施だけではなく、そのデータを活用した、職場環境改善が重要です。
HPSは、制度に則ってストレスチェックを確実かつ適切に実施するとともに、そのデータを活用して働く場・働く人・働き方についてより詳細な調査・分析を実施し、さらにその分析結果から見えてくる課題に、委託組織とともに取り組みます。
ストレスチェックの外部委託は日本生産性本部のHealth & Productivity Survey (HPS)におまかせください。
*「メンタルヘルス対策の最新実態アンケート」(2017 年6 月公表)労政時報 第3931 号


■日本生産性本部のストレスチェックが選ばれる理由
  • 豊富な支援実績

    約40年間でのべ3,000超の組織、300万人以上の利用実績があります。

  • メンタルヘルス調査の老舗

    産業界で最も早く、1980年代からメンタルヘルス調査の草分けである“心の定期健康診断”JMI(Japan Mental Health Inventory)健康調査を実施してきた実績に基づき、ストレスチェックのあらゆる面で豊富なノウハウと支援を提供します。JMIは約40年間でのべ3,000超の組織、300万人以上による利用実績があります。

  • 「個人」と「組織」の健康度を把握

    メンタルヘルスを「個人」だけでなく「組織」の問題としてとらえ、個人分析に加えて集団分析を行います。職場改善により、一人ひとりがいきいきとした状態で働ける環境を目指します。

  • フォローアップ

    ストレスチェック実施だけではなく、その後のフォローアップ体制が整っています。調査・分析結果を有効活用し、職場環境を改善するためのコンサルティング、研修、ワークショップなどソリューションを提供します。



■Health & Productivity Survey (HPS) の受検サイトは こちら

■Health & Productivity Survey (HPS)パンフレットのダウンロードは こちら


▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.