公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
労働安全衛生法改正への対応

Health & Productivity Survey
  HPSストレスチェックの特徴
  実施の流れ
  集団分析結果について
  個人分析結果について
  ソリューションメニュー
  便利で安全なストレスチェック
  費用について

働く人の心の健康診断(JMI)
概要
実施の流れ
診断結果の活用法
提供可能な改善サービス
実施費用
よくある質問
資料請求

産業人メンタルヘルス白書
アンケート調査結果
メンタルヘルス公開セミナー
講演・企業内研修
メンタル・ヘルス研究所の沿革

旧コンテンツ
メンタルヘルス大会
心の健康相談室レポート
研究員ノート
政府指針・報告等
メンタルヘルス用語集

お問い合わせ

トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > メンタル・ヘルス研究所
> HPS 実施の流れ

ストレスチェックの流れ
ストレスチェックの流れ


STEP1.実施打ち合わせ
スケジュール、事前PR方法 、使用調査票、対象者数、対象者マスタ作成、配布・回収(用紙方式の場合)、結果活用などについて事前打ち合わせを行います。


STEP2.各種マスタの作成、登録作業
ストレスチェックを実施するために必要な情報(組織、役職、受検者名など)の作成・登録をお願いします。またこの時、必要に応じて組織独自の質問についても設定を行い、調査内容を確定します。


STEP3.事前PR
調査対象者にストレスチェック実施の告知や事前説明を行い、調査目的や受検の流れを全員に正しく理解していただきます。


STEP4.調査実施の案内
WEB受検者には、WEBサイトのURL、ログインID、パスワードなどの情報が記載された「ストレスチェック受検のご案内」をメールで送付します。メールアドレスがない場合は、イントラサイトなどで告知をしていただきます。用紙での受検者には質問票を配布します。 WEB受検者には適宜リマインドメールを送付することも可能です。


STEP5.ストレスチェックの個人分析結果の通知
WEB方式の場合、受検後直ちに画面に個人分析結果が表示され、その場での印刷・データ保存も可能です。用紙方式の場合は、後日結果を一括送付します。


STEP6.集団分析結果の通知
全受検者のデータ処理終了後、WEB管理画面より分析結果の表示、印刷などが可能になります。集団分析結果の比較(経年比較、複数部署間での比較など)や、高ストレス者の抽出なども含まれます。


STEP7.報告・改善活動
オプションとして、集団分析結果の説明や改善のための対応策などの提案、組織での研修・改善活動についてのご相談にも応じます。


■パンフレット(PDF)
 Health & Productivity Survey (HPS)


▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.