公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
労働安全衛生法改正への対応

Health & Productivity Survey
  概要
  実施の流れ
  集団分析イメージ
  個人結果イメージ
  活用の流れ
  WEB画面イメージ
  費用、お問い合わせ

働く人の心の健康診断(JMI)
概要
実施の流れ
診断結果の活用法
提供可能な改善サービス
実施費用
よくある質問
資料請求

産業人メンタルヘルス白書
アンケート調査結果
メンタルヘルス公開セミナー
講演・企業内研修
メンタル・ヘルス研究所の沿革

旧コンテンツ
メンタルヘルス大会
心の健康相談室レポート
研究員ノート
政府指針・報告等
メンタルヘルス用語集

お問い合わせ

トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > メンタル・ヘルス研究所
> HPS 実施の流れ

HPS調査(ストレスチェック)実施の流れ


1.実施打ち合わせ
スケジュール、事前PR方法 、対象者数、対象者マスタ作成、配布・回収等について事前に打ち合わせをさせていただきます。


2.各種マスタの作成、登録作業
システムを利用するために、組織や役職、受検者、画面に表示される問い合わせ先、案内メールの文面などの情報を作成し、登録していただきます。また、実施するストレスチェックの種類(57問、80問など)を選択して、調査内容の設定をしていただきます。


3.事前PR
ストレスチェック実施を対象者に告知や事前説明を行い、調査目的や受検の流れを対象者全員に正しく理解していただきます。


4.調査実施のご案内
Web受検対象者には、メールで「ストレスチェック受検のご案内」を送付します。メールには、WebサイトへのURL、ログインID、パスワード等の情報が記載されております。紙で受検される方には、質問票を配布いたします。(Web受検対象者には、調査期間終了間際に、リマインドメールを送付することも可能です。)


5.ストレスチェックの受検・結果の参照
Webによる受検では、ストレスチェックの質問に回答後、直ちにストレスチェックの結果が表示されます。紙による受検では、調査票を回収していただき、結果は後日送付させていただきます。


6.組織結果の参照
全受検者のデータ処理終了後、Web管理画面より分析結果の表示、印刷等が可能になります。また、各組織の集団分析結果の比較(経年比較、複数部署間での比較等)や、高ストレス者の抽出等をおこないます。


7.報告・改善活動
オプションとして、組織分析の結果の説明や改善点、対応策等のご提案、組織での研修、改善活動に関するご相談にも応じます。


▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.