モノづくり企業向けコンサルティング

日本生産性本部は財団発足以来、製造業の生産性向上に取り組んでまいりました。取り巻く環境は激変していますが、「日本の製造業を元気にする」ため、様々なプログラムを提供しています。

モノづくり現場の人づくり 〜現場力向上リーダー育成プログラム

モノづくり現場のリーダーには現場のQCDSE(Q:品質、C:コスト、D:納期、S:安全、E:環境)を維持・向上する能力が求められ、バランスよく強化することが重要です。特に経営においては最終的に「実践力」が重要です。本プログラムでは実践を通じたモノづくり企業のリーダー養成を支援します。

詳しくはこちら

技術用途開発支援

厳しい経営環境の中で、既存の事業を続けていても「先が見えない」 。高い技術や豊富な実績を持ちながらも、収益に繋げられない。新規市場(事業)開発、事業転換を図らなければ生き残れない。
そのような悩みを抱えている中堅・中小企業の皆様向けのプログラムです。

詳しくはこちら

現場改善実践支援塾

当プログラムは、座学だけでは理解の難しい「生産現場の改善ノウハウ」を、自社工場を教室として、「変える」「変わる」「変えた」の一気通貫プロセスを経験することにより理解出来る「人材育成プログラム」です。 参加者は知識と実践の両方を学び、終了後には「社内の改善推進者」として活躍することが出来る内容となっております。地域経済の発展には、地元企業の活性化が必要不可欠です。産業振興・地域振興の一助として、当プログラムの導入のご検討をお願い申し上げます。

詳しくはこちら

商品開発力向上支援

当プログラムは、食品メーカーでの長年の実務経験コンサルティング経験豊富なコンサルタントが貴社の実情に合わせてご支援します。

詳しくはこちら

“ブランド確立・活性化”のための営業マーケティング支援

当プログラムは、ロングセラーブランド管理の経験豊富なコンサルタントがテーラーメイドで指導します。

詳しくはこちら

食品加工業向け収益力向上支援

原材料ロス削減等歩留まりを向上させたい、食品工場に合った生産体制・方式を導入したい、生産管理システムを安価に導入したいなどの課題について、食品加工業に実績のあるコンサルタントが解決いたします。

詳しくはこちら

ページのトップへ