公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
「生産性の船」トップ

「生産性の船」のご紹介
  「生産性の船」とは
  「生産性の船」の特徴
研修テーマとねらい
研修プログラムの流れ
講師のご紹介
参加者の声
  コース別研修
  現地研修
  経験交流
ご派遣組織の声
参加者について
よくあるご質問

手続きの流れ
お申し込みについて
研修費について
パンフレットのダウンロード

お問い合わせ

カスタマイズ洋上研修「生産性の船」
カスタマイズ海外研修
公開研修・セミナー

トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > 洋上研修(生産性の船) > 講師のご紹介

講師のご紹介

矢野敬人氏
矢野 敬人(ヤノ タカト) 氏
エクセレンス サポート代表
経営品質協議会認定セルフアセッサー
株式会社リコーにて、電卓の生産技術に従事し、米国生産関連会社の立ち上げに関わった。その後複写機関連の設計に携わった他、事業部長として事業部のCS推進を担当した。全社のCS推進部へ異動後、CSの全社展開および仕組み化を手掛けた。
同社退職後は、山梨県、埼玉県、鹿児島県等における経営品質を導入する企業支援をはじめ、各県経営品質賞審査員や企業研修講師を務める。
現実に即した様々な企業の取り組み事例の紹介や豊富な研修指導経験、更には“参加者が主役”をモットーに参加者に寄り添って進めていく洋上研修では、参加者から「自社課題を解決するための多くのヒントや気づきがあった」との声が多く寄せられ、その指導には定評がある。


加藤 芳久(カトウ ヨシヒサ) 氏
株式会社加藤経営代表取締役
絆づくりコンサルタント
大手旅行会社に就職後、法人営業を担当。売り上げが伸びずに苦悩する中、愚直に研究と実践を繰り返した結果、7年連続のトップセールスに輝いた。 その後、ビジネス系出版社、コンサルティング会社を経て、株式会社加藤経営を創業、代表取締役に就任した。
「絆づくりコンサルタント」として、お客様との接点からフォローまでを連動させていくコンサルティングに定評があり、全国の経営者から相談が絶えない。営業・マーケティング研修やコンサルティングにとどまらず、リーダーシップ研修、OJTトレーナー研修の他、講演も行っている。
本洋上研修でも、短い研修期間のなかで参加者同士が深い絆を結ぶことにより、他者との関係構築が実際の業務で直面する課題解決に欠かせない要素であることに気づき、大きく変化するビフォーアフターが見られ、高い評価を得ている。
加藤芳久氏


河原信之氏
河原 信之(カワラ ノブユキ)
日本生産性本部 専属経営コンサルタント
公認会計士  経営品質協議会認定セルフアセッサー
都市銀行、会計事務所勤務を経て日本生産性本部の専属経営コンサルタントに。銀行では法人営業を中心に新規取引から回収までを担当、会計事務所では金融機関・外資系企業の監査業務、中堅・中小企業の税務業務、経営指導を行った。
現在は、経営計画の立案から実行支援、事業構想の支援などのコンサルティングと人材育成の研修講師を行っており、複雑な事象を単純化して問題解決を図り、解決策につながりや流れを持たせることをモットーとしている。
「生産性の船」では、参加者が自発的につながりや流れのある解決策を展開できるように、情報・場・機会を提供するように心掛けている。
一人ひとりの様々な価値観を尊重し、自由な発想に対しては、考えをまとめるヒントを提示するなど具体例を交えての指導は、「押しつけのない指導は発想を広げられるもので大変よかった」と好評を得ている。


柳 隆文(ヤナギ タカフミ) 氏
NECソリューションイノベ−タ株式会社
技術統括本部 エキスパート
入社後、システムエンジニア・営業・プロジェクトマネージャ等のライン業務を経てSQA・PMO等の技術スタッフ部門へ転身。
現在は、幅広い業務経験を活かした現場発の改善活動を推進。改善に関する知識研修の講師や、チームビルディングを中心としたファシリテータ、改善チームへのアドバイザー等を担当し、顧客価値創造につながる仕事を全社員が常に追い求める組織風土づくりを実践中。
本洋上研修でも、参加者の自主性を重んじた自由な場を提供することで「先入観を払拭しイマジネーションを働かせることを学んだ」との声が寄せられ、参加者自らが“行動変革”へつながる新しい視点に気づく等、その指導には定評がある。
柳隆文氏


鍵谷英二氏
鍵谷 英二(カギヤ エイジ)
日本生産性本部 専属経営コンサルタント
公認会計士  経営品質協議会認定セルフアセッサー
都市銀行勤務後、公認会計士資格取得し監査法人勤務。現在は日本生産性本部の専属経営コンサルタントとして中堅中小企業をメインクライアントにコンサルティングを実施。
コンサルティングの場では、現状をよく聞き分析し、相手の立場に立って、一緒に徹底的に考え、共に悩み、導くことを心掛けている。その結果、関与企業から数年にわたるコンサルティングを依頼される等、顧客との厚い信頼関係を築いている。
「生産性の船」では、チームメンバー間で“しっかりとした議論”をしていただくこと、“職場に戻って活用できるような気づき”を多く得られるよう心掛けて指導し、多くの参加者から「結論を急がず、議論することに重きを置いた指導方針はとても良かった」「丁寧、親切、分かりやすい指導でよかった」と感想があがるなど、好評を得ている。

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.
リーダーシップ開発コースの内容はこちらをクリック