公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
トップページ(コース一覧)

ビジネス・キャリア検定とは
FAQ

お申込方法

過去問題集

公開研修はこちら
トップページ > 研修・セミナー > ビジネス・キャリア検定認定講座(通信講座)
> ビジネス・キャリア検定とは

■ビジネス・キャリア検定とは

ビジネス・キャリアは、ビジネス・パーソンの広範囲に亘る職務を体系化した学習支援制度として、平成6年に労働省(当時)によって創設されました。事務系職務に従事する人たちが、担当する職務を適切に遂行するために必要な専門知識を体系的に修得していくことを目的とされた制度です。

創設以来ビジネス・パーソンの学習支援システムとして高い評価を得ていたビジネス・キャリア制度は、平成19年「ビジネス・キャリア検定」として全面的にリニューアルされ、事務系職務を網羅する唯一の公的資格となりました。

ビジネス・キャリア検定は、事務系の職業についての職務を網羅し、企業実務に即して職務・能力レベルに応じて体系化された39の試験単位から成る「ビジネス・キャリア検定試験(公的資格)」と本検定試験基準に対応する「標準テキスト」及び「ビジネス・キャリア検定認定講座(学習ツール/2、3級)」から構成されます。

ビジネス・キャリア検定試験は実践的な職業能力評価を公的・客観的に評価・証明することができ、またビジネス・キャリア検定認定講座はビジネス・キャリア検定基準に基づく専門知識・実務遂行能力を効率よく修得することができます。


■ビジネス・キャリア検定試験

ビジネス・キャリア検定試験は、企業実務に対応した職務範囲となる8分野・4レベル・39単位の試験で実施され、ビジネス・パーソンに求められる専門知識を活用した実務能力を評価・証明します。本試験基準は、国が整備する「職業能力評価基準」(ナショナル・スタンダード)に準拠しています。
検定試験は中央職業能力開発協会(※)が年2回・全国47都道府県で実施します。

※中央職業能力開発協会は、ビジネス・キャリア検定試験ほか、国家資格の技能検定制度、技能五輪国内大会などを実施する厚生労働省所管特別民間法人です。


■各レベルのイメージ

【1級】
企業全体の戦略実現のための課題を創造し、一定の専門分野の知識及びその応用力を活用して資源を統合し、調整することができる。(実務経験10年以上。部門長、ディレクター相当職を目指す)

【2級】
職務に関連する幅広い総合的な専門知識を基に、グループやチームの中心メンバーとして、創意工夫を凝らし、自主的な判断・改善・提案を行いながら業務を遂行することができる。(実務経験5年程度。課長、マネージャー相当職を目指す)

【3級】
職務全般に関する幅広い専門知識を基に、担当者として上司の指示・助言を踏まえ、自ら問題意識を持ち定型的業務を確実に遂行することができる。(実務経験3年程度。係長、リーダー相当職を目指す)

【BASIC級】
仕事を行ううえで前提となる基本的知識を基に仕事の全体像が把握でき、職場での円滑なコミュニケーションを図ることができる。(学生、内定者、新入社員等)
      

※ビジネス・キャリア検定試験の詳細は、中央職業能力開発協会のホームページ
  をご覧下さい。

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.