公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
調査研究・報告書
賃金管理士会のご案内

雇用システム研究センター概要

お問い合わせ
トップページ > コンサルティングトップ > 雇用システム研究センター
> 雇用システム研究センターご紹介

■雇用システム研究センターのご紹介

 労働力の高齢化、経済・産業社会の構造転換の中で、日本的雇用慣行の行方が問われ、 雇用処遇問題は、より多面的な研究が求められる情勢にあります。

 当研究センターは、雇用処遇に関する国内外の諸課題について、理論・政策・実務の各 側面から調査・研究と提言をおこない、産業界労使に指針を提示し、研究成果の普及に 当たることを目的に設立されました。 1994年4月、社会経済生産性本部の組織統合を機 に、現名称に改称。本格的な成熟社会におけるワークライフバランスと競争力のある人事賃金のあり方、そして雇用システムのあり方について、 より積極的に活動を展開しています。

【設立年月】
 1984年4月

■所長


【所長】:今野浩一郎(いまの こういちろう)

【略歴】
昭和21年、東京生まれ
昭和46年3月 東京工業大学理工学部経営工学科卒業
昭和48年3月 東京工業大学大学院理工学研究科
          (経営工学専攻)修士課程修了

昭和48年4月〜昭和55年3月 
         神奈川大学工学部工業経営学科助手

昭和55年4月〜昭和57年11月 
         東京学芸大学教育学部講師

昭和57年12月〜平成4年3月 同上 助教授
平成4年4月〜現在 学習院大学経済学部経営学科教授

平成24年1月〜現在  雇用システム研究センター・所長

【研究業績】
・『ソフトウェア産業と経営』(東洋経済新報社、90年)
・共著『アジアの工業化と技術移転』(アジア経済研究所、90年)
・共著『こういう組織が技術者を活かす』(日本実業出版、91年)
・共著『大卒ホワイトカラーの人材開発』(東洋経済新報社、91年)
・編著『外国人研修生』(東洋経済新報社、91年)
・編著『給与ショック』(読売新聞社、93年)
・『能力開発と自己啓発』(日本労働研究機構、93年)
・『研究開発マネジメント入門』(日本経済新聞社、93年)
・監修『よみがえれホワイトカラー』(工業調査会、94年)
・共著『資格の経済学』(中央公論社、95年)
・『人事管理入門』(日本経済新聞社、96年)

・『勝ちぬく賃金改革』(日本経済新聞社、98年)
・共著『中国企業の経営と雇用管理』(日本労働研究機構、99年)
・共著『マネジメントテキスト―人事管理入門』(日本経済新聞社、02年)
・編著『個と組織の成果主義』(中央経済社、03年)
・共著『能力・仕事基準の人事・賃金改革』(社会経済生産性本部、03年)
・共著『東京に働く人々』(法政大学出版局、05)
・『ビジネスキャリア検定試験標準テキスト 人事・人材開発3級』(社会保険研究所、07)
・『ビジネスキャリア検定試験標準テキスト 労務管理3級』(社会保険研究所、07)等。
・共著『人事マネジメント』(ミネルバ書房、09)


■活動概要

 人口構成の高齢化と若年労働力の減少、国際競争の激化による経済成長の鈍化、職業やライフスタイルに対する価値観の変化などによって、わが国の労働市場は大きな変容を遂げつつあります。 このような今日の環境変化に対応した、新たな人事・賃金政策を調査・研究しています。

 また、当面する雇用処遇問題の課題発掘と、当センターの研究成果の具体的実践普及を図るため、実務家を中心とした賃金管理士会を設け、シンポジウム・定例研究会を開催しています。 調査・研究の成果はセミナー形式により普及活動を行い、人事管理、賃金管理、人事考課、生産性成果配分などのテーマ別に実施しております。

 さらに、企業、労働組合の抱える固有の課題解決のため、個別企業と労働組合を対象とする指導相談と委託調査も行っています。


▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.