公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
「国際視察・研修」トップ

グローバルマネジメント研修
アメリカコース
ヨーロッパコース

参加者の声
参加お申し込みについて
パンフレット・ダウンロード

お問い合わせ
トップページ > コンサルティング・人材育成トップ > 各種国際視察・研修 >
グローバルマネジメント研修

グローバルマネジメント研修

世界情勢は不透明感を増しており、経済状況も楽観視できない今の日本には、多様な考え方の人々とコミュニケーションをとり、臨機応変にリーダーシップを発揮できるリーダーが必要です。本研修では、欧米の大学や専門家のセミナー、および現地企業や現地日系企業への視察を通じてマクロとミクロの両面から学び、家庭訪問・ビジネスパーソンとの懇談や地域交流プログラムなど現地の方々との交流を通じて文化や習慣に起因する日本との考え方の違いを体感することで、経験に裏付けられたリーダーシップを身につけます。

アメリカコースの詳細はこちら

   <事前研修会>
   ■2019年9月27日(金)
   <本研修>
   ■2019年10月13日(日)〜20日(日) 8日間 (ニューヨーク、シアトル)


ヨーロッパコースの詳細はこちら

   <事前研修会>
   ■2019年10月4日(金)
   <本研修>
   ■2019年11月3日(日)〜10日(日) 8日間 (ワルシャワ、ミュンヘン)


対象者: 企業・団体の部長、課長、支店長、プロジェクトリーダー等のマネジメントの中核を担う中堅幹部・
            経営幹部および労働組合の幹部の方 (定員 各15名)


■研修目的

1.「知識」を習得する

優れた企業や現地公的機関並びにビジネススクール等を訪問し、先進的な取り組みや事例を学ぶとともに、これからのビジネストレンドを理解します。

2.「感性」を磨く

現地ビジネスパーソンとの交流・議論、現地市場視察、家庭訪問、といった密度の濃い様々な体験型プログラムを通して、グローバルに通用する感性を磨きます。

3.「ネットワーク」を形成する

訪問企業や団体の方々との交流をはじめ、異業種の参加者同士が行動を共にすることで、今後のビジネスに役立てられる業種横断的なネットワークを形成します。

■プログラムの構成・特徴

当本部のグローバルネットワークを活用し、各種研修実績に基づいたプログラムを提供いたします。

企業・団体訪問

訪問都市・地域の先進的な取り組みや、優れた現地企業の取り組みを学び、意見交換ができます。

現地セミナー

訪問国の政治・経済・社会の最新トレンドを把握するため、一線で活躍する専門家、学識経験者によるセミナーを実施します。

家庭訪問や現地ビジネスパーソンとの夕食懇談会

米国の一般家庭訪問や欧州の現地ビジネスパーソンとの夕食懇談会等を通して、異文化体験・異文化理解ができます。

異業種交流

事前研修会や現地研修の機会を通して、様々な業界・職種の参加者と相互に交流する場を提供します。

■コース別テーマ

【アメリカコース】

世界経済の中心と言われて久しいアメリカは、日本とも政治的・経済的に結びつきの強い国です。コーポレートガバナンスやダイバーシティ、CSR/CSV(共有価値創造)といった経営手法や優れたリーダーシップ教育は、同国の競争力の源泉であり、日本企業にも積極的に導入されています。
また、「ハイテク産業のシリコンバレー」、「バイオテクノロジーのボストンエリア」、など、活発な新規事業・市場創出に後押しされた世界有数の産業クラスターがあることも特徴です。
本コースでは、「世界の最新情報の集積地ニューヨーク」と「IT・航空産業など優良企業の集積地シアトル」の2都市を訪問します。現地では、変革を続けるアメリカ産業界の最新ビジネストレンド、CSR/CSV活動、ダイバーシティ施策等の最新事例を学び、日本企業がグローバルな経営環境の変化に対応するための方法を探ります。
【ヨーロッパコース】

欧州は、歴史の中で「統合と分離」を繰り返してきました。この政治・経済・文化的な「統合と分離」の連続の中で、個々の歴史を大切にしながら多様性を受け入れる素地が出来上がりました。「ブランド」の概念も、その歴史の中で、市場で自身の商品であることを証明し、その品質を保証するための仕組みとして生まれました。
そのほか、多様な社員の活躍や柔軟な勤務形態を可能にする働き方への考え方や、「多様性=強み」と捉えた活発なオープンイノベーションの取り組み、SDGsといった世界レベルでの社会課題解決への挑戦など、日本企業にとって参考となる事例が多くあるのが欧州です。
本コースでは、こうした欧州文化を肌で感じながら、新たな価値を生み出す欧州社会・企業に学び、日本企業が進むべき道を探ります。

■研修の流れと団運営の仕組み

研修の流れと団運営の仕組み ●現地プログラムと日程の説明
●訪問先への関心事項の検討
●海外渡航・滞在都市事情のご案内など

●現地セミナー、企業・団体訪問、ビジネスパーソンとの交流プログラム
●団員相互による研修テーマについての意見交換
●研修成果の発表
●各国事情に精通した現地スタッフまたは当本部職員の同行によるきめ細かな情報提供
●訪問記録、研修所感のまとめ

■国内事前研修会

アメリカコース  2019年 9月27日(金) 13:30〜18:00
ヨーロッパコース  2019年10月 4日(金) 13:30〜18:00

  ・ 会場は、日本生産性本部内会議室もしくは、都内会議室となります。
  ・ 上記日程の変更が生じる場合は、事前にご連絡いたします。
  ・ 事前研修会の約1 ヶ月前に開催案内、諸手続きのご案内をお送りします。
  
参加申し込みはこちら


▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.